ママTOP ママ01 ママ02 ママ03 ママ04 ママ05 ママ06  ママ07 ママ08 ママ09 ママ10
 
ママ11 ママ12 ママ13 ママ14 ママ15 ママ16

 12月のベストママ 2013

田村 智 ママ

 小樽堺町通りから小路に入ったかま栄の駐車場向いに、自宅を改装して開店した「直産cafe' ななかまど」がある。

 代表の田村智さんは、小樽生まれの小樽育ち。堺町通りの歴史を知る66歳。61歳まで事務員として勤め、退職。田村さんの息子や娘が赤井川で農場を営み、そこで収穫したオーガニック(有機栽培)野菜を自宅前のテントで販売していた。

 “70歳くらいまでは、何かできそう!”と、同じ職場だった友人の原田千恵子さん(66)を誘い、今年の4月27日ゴールデンウイークに、産直cafeを開店し、ふたりで協力して店を切り盛りしている。(写真左:田村さん・右:原田さん)

 店名の“ななかまど”は、店舗横にななかまどの木があり、ずっと見て過ごしてきたため、その名前を付けた。店内は、どこか温かな雰囲気で、2人の会話も穏やか、ゆっくりとくつろげる。

 産地直送の赤井川のカボチャや赤唐辛子、放し飼いの鶏の玉子や、ドライフラワー、知人の紹介で余市教育福祉村の手作りヤーコン茶、ハーブソルト、ブルーベリーやハスカップジャムなどが並ぶ。

 また、原田さんや手作り好きの作家の作品、小物入れや、クリスマスのオーナメントなども販売している。12月6日から2週間に渡り、手作り品の展示即売会「三人展」」を開く予定で、原田さんは、小物やクリスマスリースを出展する予定。

 体に優しい食材を使ったcafeは、開店10:00から11:30までモーニングセット、昼のランチセットも好評で、ミニセイロやキーマカレー、ベーコンとキャベツのハーブソルトソテー、豚肉と季節の野菜の黒酢風味のななかまど丼と、たっぷりの野菜を中心とした家庭の味を提供している。

 コーヒーは、ドミニカ共和国のコーヒー農園の豆を販売する「カフェ・ミ・カーサ」(天神)から仕入れ、素材にもこだわっている。手作りのケーキも味わえる。それぞれに長年の経験を活かした得意な料理やデザート、手芸を担当し、お互いの知恵を出し合い、2人の力は大きい。

 そんな2人のエピソードは、事務の仕事で「ご苦労様」や「お疲れ様」と言うことが多かったため、帰るお客さんに「ありがとうございます」がなかなか出てこなかった。笑顔で接するように心掛けているが、接客経験がなく、声掛けは難しいと痛感したという。

 訪れたお客さんがほっとするような店を心掛け、営業するからには、もっとお客さんに来てもらい、地域の方々にもどんどん利用してもらいたいと願っている。

 開店して、料理を食べて喜んでもらい、「美味しい!」と笑顔で言ってもらえた時が一番嬉しいという。ここの野菜と食べ比べてみると美味しさの違いが分るという。休日には、赤井川へ野菜の収穫に行ったり、他店へ行き勉強も怠らない。

 「気軽に休んでいただきたい。体に良い野菜を見に来てもらい、時間があれば、美味しいコーヒーでも飲んでいただければと思う」と笑顔でPRした。

産直cafe’ななかまど
小樽市堺町3-19
電話:0134-23-1855
営業日:5月〜10月 金〜月曜日と祝日
   11月〜4月 金〜日曜日と祝日
  ※12月第3週から1月第4週まで休業
営業時間:10:00〜17:00
客席:10席

 11月のベストママ 2013

南 李沙 ママ

 小樽花園花間栄(かまえい)通りにある「Papillon(パピヨン)」は、今年7月3日に開店。広々とした店内で、若いスタッフがもてなすフレッシュな雰囲気の店。ママを務める南李沙さんは、26歳の若手ママ。

 小樽出身の小樽育ちで、子どもの頃から人と話すことが好きな女の子だった。

 最初の職場に選んだのは、ガソリンスタンド。ここでも人との会話を大切に接客をしてきた。スタンドの作業服を脱ぎ、今までとは全然違う“ママ業”に転職したきっかけは、スタンドのお客さんの勧めだった。思い切ってママの道へ踏み込み、開店4ヶ月。不安もあるが、試行錯誤しながらスタッフ5名と力を合わせ頑張っている。

 店名の「パピヨン」は“蝶”を意味し、華やかに舞う「ちょうちょ」が好きで名づけた。店の特徴は、カウンターが小さいので、ボックスがメイン。仲間連れでもお1人様でも、フレッシュなスタッフとボックスで会話と酒が楽しめる。

 店が暇な時は不安や辛さを感じるが、沢山のお客さんで忙しくしている時は、疲れも忘れ楽しくてたまらないという。日々、同業者との意思疎通を大切に、情報には敏感に反応出来るよう心がけている。

 将来は、店で娘と一緒に働くことを夢見て、今日も仕事に励んでいる。「一緒に楽しい時間を過ごしましょう!」と笑顔でPR。

Papillon(パピヨン)
小樽市花園1-9-20
電話:0134-22-2333
営業時間:20:00〜3:00
定休日:水曜日
客席:30席

 10月のベストママ 2013

本間 菜々子 ママ

 小樽花園スパルビル1階に店舗を構えるスナック「ん SECOND」の3代目ママ・本間菜々子さん(25)は、小樽育ちの小樽っ子。

 子どもの頃から、元気でかわいい子だった。菜々子さんの祖母が初代ママで、「ん」を経営し、その後、母が2代目ママとなり「ん SECOND」と改名し、現在に至る。

 菜々子さんが、この仕事についたきっかけは、高校卒業後、就職活動をしていても就職先がなかなか決まらず、当時、店の女の子が足りないため助っ人を頼まれ、週1回が2回となり、段々と店に出る回数が増え、自然と店を任されママとなった。

 店では、6人以上90分3,000円で飲み放題(ビール込)プランを用意。もちろん、1人でも、お酒や会話を楽しむことができる。

 20代前半の女の子が5〜6人出勤。バドガールのコスプレで、店を盛り上げることもある。祖母の代からのお客さんなど幅広い年齢層が来店し、常連客も多い。孫の知らない祖母の話を、当時からのお客さんから聞くこともあり、「そうだったんだ!」と改めて知り、祖母の懐かしい話に花が咲くことも度々。この店ならでは会話を大切にしている。

 また、毎年、1年に1度、遠方から店を忘れないで来てくれるお客さんがいて、その時は特に嬉しさを実感する。辛いことは、店の終わる時間が決まっていないため、朝の5、6時になることも多々あることだとか。

 心掛けていることは?と尋ねると、夕方のニュースを見て話題づくりをしたり、実は、人見知りのため、店ではそぶりを見せないように努力しているという。

 将来の夢については、今でも週1〜2回の出勤をする母に対し、「いつか大ママ(母)を越えたい。一度で良いから越えてみたい。イベントや誕生日など大ママは凄い」と、母を尊敬する娘の顔を見せた。

 週に1度の休日は、家族や友達を優先し、買物へ出かけたりする時間を大切に過ごしている。店で働く女の子はみんな仲が良く、店内は明るい雰囲気。充分楽しめると思うので、是非、ご来店をとPR。また、ただいま、女の子募集中。お酒が飲めなくても大丈夫だそうだ。

 25歳とは思えない童顔な菜々子さん。祖母からの店をしっかり受け継ぐ、樽っ子ママ。

スナック「ん SECOND」
小樽市花園1-11-24 スパルビル1F
電話:0134-32-0289
営業時間:20:00〜
定休日:なし
客席:40席

 8月のベストママ 2013

宮尾 祐子 ママ

 日本料理を提供するくつろぎの御厨屋(みくりや)「香蔵(かぐら)」は、店主宮尾俊央さんと女将祐子さん夫婦の息のあったコンビネーションで、店を切り盛りしている。開店10年目を期に、小樽嵐山通りから今年8月にJR高架下に新店舗を構えたばかり。

 祐子さんは、現在44歳。東京生まれの東京育ち。子どもの頃から好奇心旺盛で色々なことを経験したいタイプだった。学生の頃、どうしても日本料理店でバイトがしたいと、家庭ではないプロの味に興味を持ち、洗い場でも良いからと頼み込み採用された。

 そのバイト先で、新入社員だった俊央さんと出会う。俊央さんは小樽出身で、札幌の専門学校を卒業後、就職先の本社が東京だったため、東京で働くこととなった。順調に交際が進み、2人は結婚して3人の子どもをもうける。

 祐子さんは某有名エステ店での勤務経験も持ち、その時々にやってみたいことを発見し、どんな仕事も楽しかったそうだ。

 俊央さんの病気がきっかけで、札幌の病院で治療するため、俊央さんの地元・小樽へ戻った。そして、小樽で店を持つことに。平成15年に嵐山通りにオープン。「香蔵」という店名は、俊央さんが、東京の神楽坂での仕事の話があったが、縁がなくて実現できなかった。その神楽坂をイメージし、文字は違うが「香蔵」と名づけた。

 料理は、俊央さんの担当で、東京での17年間の経験を生かし、各地の美味しい食材を仕入れ、プロの料理を提供。祐子さんは接客担当。持ち前の明るさと笑顔で、店内をテキパキと動きまわる良く気のつくママ。

 新店舗ではランチを始め、お好み御膳は、ご飯を白飯・お粥・炊き込みご飯の中から1品選べ、漬物、味噌汁、茶碗蒸しが付き、お造り・焼き物・天ぷら・煮物から2品を選ぶことができる。金額も1,150円とリーズナブルでボリュームたっぷり。日替わり定食もある。

 夜は和食を中心に、新鮮な旬の食材を提供。本日のおススメは季節や仕入れに合わせて提供。お造り、揚げ物、焼き物、一品料理、串焼き、うどん、蕎麦まであり、ロースカツ定食も味わえる。店主の意向は、北海道にはないものを食べて知ってもらいたいと、全国各地の食材の素材を活かし、腕をふるって料理する。そんな俊央さんを祐子さんは尊敬しているという。

 小樽の人には、なじみのないメニューで、産地を聞かれたり注文されなかったりだったが、10年間の付き合いの中で、食べたことのなかったメニューが好きになり、「こんなに美味しい物があったんだね?」と言われ、メニューに加えた甲斐があったとじみじみと感じる。東京育ちの祐子さんには、小樽の市場には、東京では目にすることのない魚が並び、柳の舞や生タラコなど違いを感じたそうだ。

 今後の夢は、自宅と店との往復だけで、ずっと仕事をしてきたので、お客さんを通して小樽のことを聞いてはいるが、自分の目で実際の小樽を見てみたい。また、道内巡りをしたいそうだ。

 「店主厳選の日本酒や焼酎など種類豊富に取り揃えているので、こちらも楽しんでもらいたい。道内の旬の魚や国内の美味しい物を食べていただきたい」と、笑顔があったかい「香蔵」の女将・祐子さん。

くつろぎの御厨屋(みくりや)「香蔵」
小樽市花園1-2-6
電話:0134-25-0650
営業時間:11:30〜14:00、17:30〜22:30(L.o)
定休日:不定休 料理・飲み放題付き等、宴会相談受付、4〜30名、6人個室・16人個室あり。要予約

 8月のベストママ 2013

永浦 英里  ママ

 小樽花園銀座商店街に本店舗を構える有限会社いちふじ柴田商店の看板娘・永浦英里さん(39)は、小樽生まれの小樽育ち。弟と2人姉弟。子どもの頃から、両親が三角市場で八百屋を営み、その姿を見て育つ。

 調理師専門学校へ進学し、調理師として、小樽のホテル(現ヴブラント・オタル)で1年間働くが、退職し、丸井小樽店の地下食品売り場にあった実家の八百屋を、5年ほど手伝った。

 その後、亘さんと結婚。旭川と札幌で暮らし、3人の子どもをもうける。現在、中1の長女、小6の次女、年長の長男と3人の子育てをしながら、店を切り盛するパワフルママ。

 札幌で亘さんは、魚屋を始め英里さんも手伝うことになり、夫婦で魚屋となってから13年目、両親の八百屋と娘夫婦の魚屋が入った現在の位置でのスーパーとなってからは、7年目となる。働き者の亘さんは、札幌まで行き仕入れを担当、旬の美味しい物を提供し、安心で安全な食材を使うように心がけている。魚をさばき、刺身やオリジナルの干物やしめ鯖を作るのも亘さん。カニ甲羅の上にカニのむき身を綺麗に乗せた「むき毛がに」は食べすい。

 夕方には、刺身の盛り合わせを買い求める人も多い。人数や食べたい魚での刺身の注文も受け付ける。一般客をはじめ、花銀の飲食店の台所となっている。英里さんは、主に魚屋だが、店内全般の販売を担当し、看板娘のように常連客から親しまれている。夫婦の仲も良く、おしどり夫婦と評判。

 英里さんのお客さんは、遠くは沖縄、九州、四国、大阪など、近くは花園の飲食店と幅広く愛されている。遠くのお客さんからは「遊びにおいで!」との声がかかり、店を通じての出会いも楽しみだという。

 英里さんは、同年代の子育てママさんに、もっと来店してもらいたいという。魚の調理法や食べ方を教えてくれるそうだ。子育ての経験を活かして、子どもに喜ばれる魚の食べ方をアドバイスしてくれるという。以前、長女が4、5歳の頃、水族館で泳ぐ魚を見て、「美味しそう」と言いみんなを驚かせたように、子ども達にもっと魚を知ってもらいたい思いがある。店頭に並ぶホッケの開きを見て、何の魚なのかを知ってもらいたいという。もちろん、野菜の食べ方も即答。「キャベツは卵焼きに入れると美味しいよ」など、ぱっと献立が浮かんくる英里さんの笑顔は爽やかだった。

 今日もいちふじ柴田商店看板娘の「いらっしゃいませ!」の元気な声が聞こえてくる。

有限会社いちふじ柴田商店
小樽市花園1-4-3
電話:0134-22-7326
FAX :0134-64-6077
営業時間:平日10:00〜18:00 祝日10:00〜17:00
定休日:日曜日

 7月のベストママ 2013

福島 優子  ママ

 市民の台所・中央市場で活カニなどの新鮮な魚を販売する「有限会社マルオ奥山商店」の“お姉ちゃん”と親しまれている人気者・福島優子さん(48)。経営者の父と二人三脚で働く、看板娘的な存在で、元気な笑顔で接客をしている。

 小樽生まれの小樽育ち。子どもの頃はおとなしく人見知り。大学卒業後、幼稚園教諭として勤めるが結婚し、中学生の頃から手伝っていた家業の魚屋の仲間入り。3児のママとなる。当時は夫も店で一緒に働き、札幌での仕入れや配達、外回りを担当していたが、12年前に転職。その後は、親子で切り盛りしていた。昨年亡くなった母が三角市場で魚屋をずっと開いていて店名は代わったが、創業50年以上になる。現在の中央市場へ移転してからは、3年目に入る。

 店頭には、旬のウニやシャコをはじめ、いけすにはカニが泳ぎ、注文を受けてから茹でる活カニ専門店。昆布や塩辛、松前漬け、油ののったしまホッケがなど新鮮な魚が並ぶ。ひとり暮らしのお年寄りのために、海老などを使いかき揚げなどの総菜も並ぶ。以前、居酒屋を手伝った経験があり、魚をさばくのも刺身を作るのもお手の物。秋には、鮭を解体し、イクラは秘伝のタレに漬け込み、美味しいと評判。

 台湾や香港からの観光客も多く、口コミで、昨年来た人から話を聞き、香港から友人を連れて来店してくれたり、毎年来てくれるお客さんの顔を見られることが嬉しい。

 物腰が柔らかい父とも息がぴったりで、父の持ち場と優子さんの持ち場があり、バイトと3人で店頭に立つ。優子さんは仕入れもこなし、父にとっても頼りになる存在。

 いつも笑顔を絶やさず、お客さんが何を求めているか、何が食べたいのかを望むものをおすすめできるようにと心がけている。北海道の美味しいものを地元の方々に届け、世界へも届けたいという。地方発送も積極的に行なっている。

 亡くなる前にもう一度元気になって商売がしたいという母の思いを引き継ぎ、常にお客さんを大切にしなさいとの言いつけを守り、仕事をしようと心に決めた。

 お得意様には宅配も行い、高齢者に大変喜ばれている。これから、夏から秋にかけて、花咲カニが食べられる季節。是非、旬のカニを食べていただきたいという。

 夕食前の買出し時間になると、どこからともなくお客さんが現れ、今日の献立の相談も受け付け、優子さんの笑顔でお客さんも笑顔になった。

 市民の台所に新鮮な魚を笑顔とともに届ける優子さんは、名前通りの優しい人柄で癒される。小樽の市場を元気にする奥山商店自慢の娘さん。

有限会社マルオ 奥山商店
小樽市稲穂3-11-2
電話:0134-27-3593
営業時間:8:00〜18:00
定休日:日曜・祝日

 6月のベストママ 2013

和井内 麻実  ママ

 従姉妹2人で営む「Double」(ダブル)のママ和井内麻実さん(31)は、1児のママでもある。小樽生まれの小樽育ちで、子どもの頃は、引っ込み思案な女の子だったという。

 結婚を期に専業主婦となっていたが、以前から店を持つことが夢でもあり、年齢的にもちょうど良い時だと判断し、3ヶ月の準備期間を経て、昨年10月6日に開店した。店を持つなら従姉妹の世良千春さんと一緒にと決めていたので2人で協力し、2人で1人という意味も込めて「Double」を店名にした。

 従姉妹ということもあり、お互い気心の知れた長い付き合いで、息もぴったり。それでもたまには、意見が食い違うこともあるそうだ。

 店の特徴は、若い子から中年、年配まで幅広く楽しめるスナック。ママの父が漁師ということもあり、新鮮な食材で手作りのお通しを提供し、常連客に喜ばれている。

 4名以上で90分ビール込みの飲み放題2,500円。事前に予約すると料理も提供できる。

 昨年オープンしたての頃は、緊張して眠れず、1ヶ月近くは想像を絶する疲れを体験したそうだ。小樽っ子なので、たまに小学校時代の同級生がお客さんで登場することもあり、小さい頃あまり話せるタイプではなかったので、驚かれることもしばしば。人見知りも克服し、今は、楽しい会話とお酒を楽しめるよう日々努力している。

 これからも2人で、この調子で頑張っていくつもりだという。いつも2人できりもりしているので、たまに、1人が欠けると非常に困ってしまうらしい。忙しい時には、若い女の子2人と4人で迎えてくれる。その仲間と旅行へ行くのが夢だという。

 休日は、家族で過ごす時間を大切にし、外出を楽しみ、妻業も母親業もそつなくこなす頑張り屋さん。

 従姉妹とのコンビネーションが、店内を明るくさせ、お1人様でも気軽に楽しめる「Double」のママは、チャーミングな笑顔でW(ダブル)の文字を両手で作り写真に応じてくれた。

Double
小樽市花園1-11-25
電話:0134-22-2207
営業時間:20:00〜24:00
定休日:日曜日

 5月のベストママ 2013

塚田 由美子  ママ

 おたる屋台村レンガ横丁に昨年10月にオープンした「バミコ」のママ塚田由美子さんは、明るく会話が大好きな好奇心旺盛な45歳。

 東京で生まれ、子どもの頃から元気で活発な女の子。高校3年生まで山梨県で過ごし、その後、東京の大学へ進学し就職。スポーツインストラクターという仕事の関係で小樽へ来て、そのまま住みつき20年が過ぎた。2人の息子のママでもある。

 開店のきっかけは、離婚後、仕事を探していたところ、人と会話することが好きなこともあり、飲み屋の世界を経験することとなる。飲み屋のくくりに抵抗を感じながらも、持ち前の明るさで会話を楽しみ、来てくれるお客さんにとって楽しい空間になればと自然体でママ業を営む。店名の「バミコ」は、店の向いにあるマスターが名付け親で、みんなに「バミコ!」と親しまれている。

 とにかく会話が大好きで、初対面であれ常連であれ会話が弾み過ぎて、通しを出すのを忘れたり、お酒を出すことよりも会話に夢中になってしまうこともたびたび。料理を作っている時も、お客同士の会話が気になってしかたがないという。観光客や出張中の人が2割ほどで、初対面なのに何度か会ったことがあるかのような口調となり、ここまでくると特技としか言えない。

 仕事以外は、お客さんが勧めるDVDを見たり、本を読む。任侠物はちょっと苦手。最近では、「藁の楯」を勧められ、ママ自身も面白くおススメだと言う。映画鑑賞も好きで、終了間近の映画をレイトショーの割引料金で貸切状態で見たり、映画の中で気に入った台詞を覚えて、お気に入りの俳優さんを見つけることも。

 幼児体育とリトミックの資格を持ち、以前スポーツインストラクターをしていたこともあり、体を動かすのも好き。北海道の中学女子の運動能力が全国最下位だと知り、子どもやお年寄りを元気に、体力作りに携わりたいとの思いもある。以前はスポーツジムに勤めていたが、現在は、スポーツジムの会員となり体を動かしている。元気の元は何かと尋ねると、「日々感動し、ときめきを感じることかな!」と答える。

 23種類の世界のビールや、カクテル。油そば(700円)、キーマカレー(700円)など人気メニューも。今年の夏へ向け、ラム酒を主体としてミントとライムのさっぱりしたモヒートを、クランベリーやアセロラなどをプラスしたフレーバー・モヒートとして力を入れる予定。

 自分が美味しいと思う食べ物と美味しい酒とを一緒に、また、料理好きをフルに発揮し、客のニーズに答えられるように提供したいと言う。

 いろいろな話題が次から次へと出てきて、時間を忘れてしまう。ちょっと落ち込んだり、寂しくなったら、ママの会話を肴に酒を飲み、元気を取り戻す回復薬のような「バミコ」のママ。

バミコ
小樽市稲穂1-4−15 おたる屋台村レンガ横丁内
電話:080-4044-2408
営業時間:日曜日〜木曜日18:00〜24:30、金曜日・土曜日18:00〜25:30
定休日:不定休

 4月のベストママ 2013

杉江 裕美子  ママ

 緑町にあるカラオケスナック「カラオケ ゆみちゃん」のママ・杉江裕美子さん(62)は、小樽市塩谷出身。海あり山あり大自然の中、活発でおてんばな女の子だった。結婚するまでは、塩谷で過ごし、緑町へ嫁ぐ。3人の男の子を育て、子育てが終わった頃の平成2年に、みんなを楽しませる憩いの場にしようとカラオケ店を開店した。

 最新のカラオケ機器を使用し、音響抜群!、歌いやすいとお客さんに好評。1曲100円で、財布に優しいリーズナブルな店と評判。お通しを充実させ、お袋の味・家庭の味を提供し、これもまた人気のひとつ。歌も文化、美味しい料理を楽しみながら、歌を歌い、知らない者同士でもすぐに友達になり、馴染みやすい店と親しまれている。

 杉江さんも歌が大好きで、大月みやこや天童よしみを十八番に、通る美声を聴かせてくれる。店名にカラオケと付くが、カラオケ通じゃなくても大丈夫。歌が苦手でもここへ来て、みんなの歌を聴いている内に、いつの間にか歌えるようになるそうだ。

 杉江さん以外にも実力派の常連さんが大勢で、プロ並みの歌声を響かせている。個性的な客も多く、まわりを盛り上げてくれている。季節に合わせたイベント(新年会・花見・クリスマス会)を開き、パークゴルフ大会を催したりと、地域密着型の憩いの場となっている。近所の常連さんは、「第2の青春の場」と楽しそうに答えた。

 お客さんによく言われるのは、「ママは天然!」だそうだ。かけてもらいたいと曲名を言っているのに、何のことなのか分からず、うっかりしたことも。ママの天然が、店の雰囲気を和ませている。

 今後やりたいことは「今まで通り、お年寄りも含め地域の方にここへ来て楽しんでもらいたい。花園まで行かなくても緑町界隈で楽しめる店になれば良い」と話す。

 心置きなく歌って楽しめ、ママの天然に癒され、今日も緑町でアマチュア歌手が演歌を熱唱。ママの笑顔がみんなの笑顔に繋がり、ホッとできる憩いの場「カラオケゆみちゃん」のママは緑町のアイドル。

 2時間歌い放題1,500円で飲み物付き(ビール除く)、宴会予約も20名まで受け付ける。

カラオケ ゆみちゃん
住所:小樽市緑町2-6-6
電話:0134-25-6615
営業時間:18:30〜23:00
定休日:日曜日・祝日

 3月のベストママ 2013

久保 美和子  ママ

 美容室「カットサロン・クボ」を経営する久保美和子さん(59)は松前生まれ。子どもの頃から松前城を見て育った。

 大自然の環境で育った美和子さんは、まさに自然児だったという。手先が器用だったこともあり、札幌の美容専門学校へ入学、美容師の資格を取得した。結婚後、小樽に住み、3人の子どもをもうける。「いつかは開業」を目標に仕事に励み、昭和61年、美和子さん31歳の時に念願だった店を持ち、現在の場所に移転してから15年が経つ。

 小樽の女性を美しく、コーヒーを飲み週刊誌を読みながらゆったりできる店を心がけている。お客さんとの付き合いは長く、3世代との付き合いがある家族もあり、奥様からご主人、お孫さんまで来店し、良い関係を続けることで張りが持てるという。固定客は末永く、新規のお客様も大歓迎!

 店内は、アットホームな雰囲気で、幅広い話題が飛び交い、小樽の美味しい店情報も得られる。お客さん同士も友達になり会話が弾み、サロンのような雰囲気。店内の家具にもこだわり、デンマーク家具を使い、店内には、定期的に届けられる生花がいつも生けられており、華やかな雰囲気も楽しめる。

 お客さんと会話をしていても、一瞬も止まることのないプロの手技で、希望通りに仕上げていく。次のお客さんがお茶を飲みながらくつろいだ様子で待っている。仕事を離れると、趣味はカラオケ、食べ歩き。健康に良い食事に関心があり、ネットでのお取り寄せも注文する。たまには非日常的なことをして、自分にご褒美を与えることも大事だという。

 今後の夢として、喫茶店と美容室を融合したような、健康的な食事を提供し、みんなを笑顔にする店にしたい。

 8年前から、努力家で接客も上手い息子の敬規さん(30)が、美容師として一緒に働き、母親なら誰もが夢見る理想の親子関係が感じられる。

 パワフルで明るい久保さんは、心身ともに綺麗に変身させる魔法使いの美容師。「カットサロンクボ」のママ。

カットサロン・クボ
住所:小樽市緑2-3-6
電話:0134-32-9267
営業時間:9:00〜18:00
定休日
:毎週火曜日・第3日曜日

 2月のベストママ 2013

山田 育子  さん

 小樽在住の手作り革バックオリジナルブランド「CRAFTWORK」代表の山田育子さん(59)は、小樽生まれの小樽育ち。窓から石狩湾が見渡せる奥沢の自宅工房で、日々製作に励んでいる。

 山田さんは、小樽桜陽高校を卒業後、札幌の短大を卒業。やりたいことは何かと考えた時、母が革工芸を趣味にしていて、小さい頃からずっと作業の様子を見てきた。自分もやってみようと、革工芸の整った環境でスタート。母から教わることも多かった。10年間は、革工芸を学び、36年が過ぎた。30年前から、自宅工房で教室を開き、道新文化センターの講師も務めている。

 自宅が工房とあって、製作にかけられる時間は、いくらでも費やすことができた。常日頃、バックに対してのインスピレーションを閃かせ、オリジナルの発想で製作に励む日々。常に向上心を持ち、切磋琢磨している。時には、何を作ろうかと悩むこともあると言う。

 素材は、主に牛革・山羊・羊・豚、また爬虫類の革を使用し、既製品にはない手作りならではの染色をしたり、編む、折る、彫るなどの各種技法を施す。36年間の積み重ねが、バリエーションを活かた職人技として作品に滲み出る。

 近年、特にファッション性が高くなってはいるが、飽きのこない作品や、シリーズで人気があった作品、リバイバルもあり、さらに流行への敏感さも必要。

 2年に1度展示会を開催し、新作バック30点を発表。小物も展示販売し、注文も受け付けている。展示会を楽しみにしている長い付き合いのファンも多く、最近では、若い世代のお客さんも増えている。

 バックや小物の他にアクセサリーも製作。「たまゆらレザーペンダント」は、革紐を編み込んだペンダントトップに、長さ調節が自由な革紐をつけ、色の種類も多く、Tシャツやセーターの胸元を演出。山田さんだけが作る「CRAFTWORK」オリジナルの人気商品となっている。

 山田さんは、「36年間も続けることができたのは、革工芸が好きで天職だと思う。これからも体の続く限り製作していきたい」と話した。

 工房には、所狭しと工具や染料が置いてあり、まさに職人工房。たまゆらペンダントをさりげなく身に着け、優しく微笑みながら36年間を振り返ってくれた「CRAFTWORK」代表の山田さんは、素敵な小樽の革工芸作家。

CRAFTWORK
小樽市奥沢1-5-15
電話:0134-22-8725

 1月のベストママ 2013

伊藤 あきこ  ママ

 花園に自分の店を構える「Demi(デミ)」のママ。伊藤あきこさんは31歳の独身。

 小樽に生まれ育ち、思ったことをすぐ口にしてしまう、喜怒哀楽の激しい頑固な子どもだったと言う。18歳で花園デビュー。母のスナックを手伝い、当時、姉も手伝っていたので、仕事を教えてもらった。19歳でススキノへ。26歳の時小樽へ戻り、また花園で働く。2011年3月8日に当店をオープン。震災の3日前だった。

 店を持とうとは一切思わなかったが、今の店を母の援助でオープンし、ママとなった。

 ママとなり始めて感じ分かることが多かった。仕事量の多さ、スタッフやお客さんのこと、全てが手探り状態でここまで来たそうだ。

 店内は、ダークブラウンと白で落ち着いた雰囲気を大切にしている。目指すはバーの雰囲気。落ち着いたゆったりとした中で、お酒を楽しんでもらいたいという。

 好きなことはゴルフ。19歳の時、「お付き合いで必要」と母にゴルフを勧められたが、はまってしまった。休日は必ずと言っていいほどゴルフをしているが、冬はゴルフが出来なくて残念でならない。

 小樽へ思うことは、「生まれ育った町、小樽を好きなひとり。花園の良い時代を知らないので、今の状況で頑張っている。また、小樽は、良くも悪くも人との関わりが深い。」

 これからの夢は、「もっと思い描いているバーのような店に近づけ、自分の知識を増やし、お客さんとの会話の中身を大切にしたい。まだまだほど遠いが」と話す。

 この日は、着物姿で登場。着付けはもちろん自分で、着物と洋服を交互に、おしゃれを楽しんでいる。着物姿が艶やかな花園美人ママ。

Demi (デミ)
小樽市花園1-12-2 伊藤ビル1階
電話:0134-33-9788
営業時間:18:30〜24:30
定休日:日曜日・祝日