ママTOP ママ01 ママ02 ママ03 ママ04 ママ05 ママ06  ママ07 ママ08 ママ09 ママ10
ママ11 ママ12 ママ13 ママ14 ママ15 ママ16 ママ17

 6月のベストママ 2018

笠井 真澄 ママ

 海外の色彩豊な生地を素材に、実用的なオリジナル布雑貨ブランド、「Maternna(マテーナ)」の製作者・笠井真澄さん(31)は小樽出身。実家の工房で、布の仕入れからデザイン・製作・販売を、すべて1人で行い、ひとつひとつ丁寧を心がけている。

 ブランド名は、小樽弁で「丁寧な手仕事」を褒め称える言葉の「まてな」から生まれた造語。

 息子が生まれて、手作りのスタイ(よだれかけ)をSNSに載せたところ、友達から作ってほしいとの声がかかり、プレゼントしていたのがきっかけとなり、小さな子どもの側にいながら仕事ができればと、2014(平成26)年にブランド名を登録した。

 もともと細かい作業が好きで、洋裁を教える母親を見て育ち、母に手ほどきを受けながら縫製技術を磨いた。自分が納得できるまで地道に練習もした。

 使いやすさを一番に、海外素材のテープと生地を混ぜて作るのが“Maternna”の特徴で、国々の個性や魅力が詰まったスタイやポーチが生まれた。クッションカバーやバッグもすべてオリジナルだ。

 まずは、自分で試して使いやすいよう手直しする。自分でも使いたいと思うものだけを販売している。

 100円ショップから高価なブランドものまで、沢山のポーチがあるが、その中から「これだ!」と選んでもらえるような製品を目指す。

 主にインターネット販売を行い、同じ製品に30個注文が来ることも。コツコツとひたすらミシンを動かす。

 通常、1人で仕事を行うが、誰に見られていなくても誠実に働くこと、どの工程も綺麗に作業することを心がけている。

 真澄さんの趣味は、読書とカフェめぐり。たまたま入ったカフェで、自分の作品を持つ人とばったり遭遇することもあり、心の中で“ありがとう!”とお礼を言い、使ってくれることに喜びを感じるという。

 これからも、今と変わらずに製作したり販売したりしていたい。その時々の自分に合った形で働いていたいそうだ。真澄さんは、「WEBショップをぜひ見ていただきたい」とPRした。

Maternna(マテーナ)WEB shop

 5月のベストママ 2018

渡辺 夢奈 ママ

 堺町通りメルヘン交差点側の石蔵、ヨーロッパ玩具の店「キンダーリープ」の2階にある、カフェ「月と珈本(カホン)」の店主・渡辺夢奈(ゆうな)さん(27)は、新潟市生まれの可愛い女性。小樽に住んで1年が過ぎたばかり。

 3年前、旅先の美瑛の珈琲店で、スタッフ募集の張り紙で仕事を見つけ、美瑛に移住し1年半を過ごす。その後、倶知安の珈琲店に移り、現在は小樽在住。まるで北海道の観光地を巡っているようだという。

 築60年の古民家が気に入って小樽に住み、仕事を探していたが、キンダーリープさんの紹介で、2017(平成29)年5月26日同所に開店し、人生初の店主となった。

 月・珈琲・本のどれも、夢奈さんが好きなもの。それを並べて繋いで、店名「月と珈本」とした。本のページをめくるような、ワクワクする店をイメージ。

 お奨めは、旭川にある行き着けの珈琲店から仕入れた豆で入れる美味しい珈琲と、バターや卵を使わず、北海道産の小麦粉を使った手作りのスコーンとマフィンやクッキー。

 また、季節に合わせた自家製シロップジュースは、レモン・プラム・梅などがあり、カフェインが苦手な人や飲めない妊婦さん・授乳中の方にお奨め。

 店内には沢山の本があり、素材を活かした焼き菓子と珈琲を楽しみながら、自由に読書もOK。販売もしている。

 旅人も多く来店し、これまで自身が巡ってきた北海道の観光地の情報を交換したり、お客さんが立て込んできても、丁寧な接客を心掛けている。

 お客さんと美瑛トークで盛り上がることもしばしば。小樽の人と出会い、地域の人と交流ができる町だと感じている。

 提供する珈琲と菓子は、全て最初の段階から手作りしたい。将来は珈琲焙煎も目指すという。

 「週末には、日常の疲れを癒しにどうぞ!珈琲と焼き菓子はいかがですか?」とPRした。

月と珈本
小樽市住吉町4-4キンダーリープ2階
営業時間:10:00〜18:00
定休日:月・火曜日
9席(カウンターとテーブル)
メール(tsukito.kahon@gmail.com)

 4月のベストママ 2018

前倉 久子 ママ

 前倉崇利さん・久子さん夫妻は、大正末期に建てられた石蔵を利用して、1988(昭和63)年8月に、喫茶店「ストアハウス大坂屋」を開店。今年で創業30年を迎え、夫婦2人で歴史を刻んでいる。

 外壁に掲げられていた以前の質屋の屋号をそのまま使い、店名を「大坂屋」とした。

 店舗正面に掲げるシンボル的存在の八角のオブジェは、店内にあるテーブルと椅子と同じ家具職人が作ったもので、来店者にインパクトを与え、久子さんの気さくな会話が客を和ませる。

 1階は、オープンキッチンとカウンター席が7席。昭和を感じさせる置物が所狭しと飾られ、懐かしさに心がほっとする。大小様々なビクター犬「ニッパー」や招き猫、古めかしいランプや電話、お客さんが描いた絵など、頂き物がほどんどだという。

 そして、2階にはテーブル席が20席あり、柱の古時計が時を刻んでいる。昔懐かしいレコードがかかるジュークボックスが、現役続行中。1970(昭和45)年前後に製造され、100曲のレコードがスタンバイ。硬貨を入れ、聞きたい曲をボタンで選ぶ。開店時に従姉妹からもらい受け、30年の間、お客さんを楽しませてきた。

 故障してしまった時もあったが、不思議な引き合わせで、直してくれるお客さんが現れるなどして、現在も使用可能。レトロな雰囲気の中で、70年代の懐かしい曲を聴き、口ずさみ、ゆっくりと時間が流れていく。

 いつも夫婦2人で店を開け、マスターが作るナポリタン、ママが作るカスタードクリームケーキがお奨め。カラメルをベースにオレンジを入れて作るケーキも人気だ。なるべく冷凍物は使わないように、オーダーが入ってから丁寧に調理している。

 久子さんは、夫婦2人で働ける喜びをしみじみと感じ、休日も大事だけれど、仕事しているのが自然に思えるという。

 30年のエピソードは尽きない。久しく来店がなかった人に、何年かぶりで再会したり、独身の時も、結婚してからも、子どもが産まれ親子で、その子どもが大人になって来店してくれるなど、店とともに時を刻んできたんだなと感じる。

 「生涯現役で、来客がある限り続けたい。足や腰の鍛錬を怠らず、今のままで働いていたい」と、今後を語る。

 久子さんは、「ジュークボックスで、懐かしい音楽をどうぞ!」とPRした。

レストハウス大坂屋
小樽市銭函2-3-4
営業時間:火曜〜日曜日10:30〜20:00・月曜日10:30〜17:00
電話:0134-62-6425

 3月のベストママ 2018

小山内 和子 ママ

 1928(昭和3)年に建てられた元近藤硝子工場だったレトロ感溢れる建物に、小樽出身の小山内和子さん(45)が営むLive Cafe&Dining Bar「A.LIVE」が、2016(平成28)年にオープン。2月6日に2周年を迎えたばかりだ。

 高校生当時の小山内さんはベースを担当し、喫茶店などでのライブ活動に夢中だった。いつかライブができる店を開きたいと長年の夢を実現。

 バンド繋がりの幅広い人脈から、開店など多岐にわたりアドバイスを受け、関わった人すべてに感謝をしている。

 東日本大震災が起こった時に、生きるということを思い知らされ、ボランティアとしても協力。1日1日を大切にみんなで楽しく生きたい思いと、1つ1つのライブも大事にしたい思いを込めて、“A.LIVE”と命名。

 調理はプロに任せ、小山内さんは接客などのホール回りとドリンク作り。ライブの企画も担当している。

 お奨めは、夜に提供している自家製ローストビーフと酒に合う自家製ベーコンやカキフライなど。

 店主催のライブ「A.LIVEナイト」は、ほぼ月1度のペースで、様々なジャンルの音楽が楽しめるように企画。小樽JAZZ倶楽部の巡回ライブもある。その他、全国各地のプロ・アマのアーティストが出演するライブなど合わせると、月4・5回の開催。

 ジャンルに拘らず、様々なアーティストと一緒に気軽に楽しめ、みんなに満足してもらえる場所を目指す。店ができたことで、色々な人と会う機会や演奏が聴けると喜びの声を聞くたびに、ありがたいと思う。

 楽しい音楽を聴き、食事でも元気になってもらおうと、フードコーディネイターと相談して4月にメニューをリニューアルする予定。

 小山内さんは、「月4・5回のライブもあるが、何も無い時はゆっくり食べて飲んで、小樽の夜の雰囲気を味わってもらいたい。ライブでは、アーティストが間近で演奏し楽しんでもらえると思う」とPRした。

Live Cafe&Dining Bar「A.LIVE」
小樽市稲穂2-13-15
営業時間: Lunch11:30〜15:00(L.O14:00)
Dinner月〜木18:00〜22:00(L.021:00)・金土18:00〜23:00(L.022:00)
定休日:日曜日
TEL:0134-64-1706
FAX:0134-64-1701
二次会・宴会予約対応

 2月のベストママ 2018

佐々木 奈津美 ママ

 花園町のはしご通りを少し奥まった場所にひっそりと佇む「和み処ひより」は、2017(平成29)年9月25日にオープンした、佐々木奈津美さんと忠康さんのオシドリ夫婦が営む店。

 隠れ家的な雰囲気を醸し出し、赤と黒で統一したモダンな店内には、床暖房が完備され、靴を脱いでゆっくり寛ぎ、BGMのオールディーズと水琴の音で癒される。

 忠康さんの知人が持つ空き店舗を紹介してくれたのが開店のきっかけとなり、いつかは店を持ちたいという夢が叶えられ、トントン拍子に開店の運びとなった。

 飲みたい日和・美味しい日和・和みたい日和など、ちょうど良い日の意味が込められた店名は、ママの穏やかさを表現している。

 奈津美さんは、日中はあぶらとり紙専門店・ひより小樽店の店長でもあり、接客はお手のもの。優しい笑顔で、お客さんの話に耳を傾けてくれる。

 ママの奈津美さんが出勤する開店時間までに、忠康さんが準備をする。夫婦で営む店ということで、夫婦で訪れるお客さんや女性客が多く、和やかな時間が過ぎてゆく。

 北海道の地酒を中心に、ビールや焼酎などを取り揃え、お客さんが持参したマイグラスで頂く。地元の美味しい食材を提供、すき焼きや網焼きなども味わえる。これからの季節は美味しいニシンを、調理場のグリルで焼いて提供する予定だ。

 カウンター7席と掘りごたつの個室があり、8名までの宴会も受け付ける。(要予約)

 奈津美さんは、「いろいろな人と出会い、ぞれぞれにドラマがあり、話を聞くのも楽しい」と話し、お客さんからも満足してもらえるよう心がけているという。

 そろそろ閉めようかと思っていたところへ、地方から訪れた5人組が来店。時間を忘れ楽しむ笑顔を見た瞬間、開店して良かったと思うそうだ。

 今後は、ここを利用する人の趣味など共通のキーワードから、お客さん同士のふれあいを大切に、同好会を作りたいという。5月にゴルフ同好会を開く予定だ。

 「女性客も大歓迎。床暖の店内で、ゆっくり寛いでもらいたい」とPRした。

和み処ひより
小樽市花園1-12-3
電話:090-3775-9215
営業時間:19:00〜23:00
定休日:日曜日・祝日

 1月のベストママ 2018

金井 桃代 ママ

 赤岩山(373 m)を望みながら、食事やお茶を楽しむ民家カフェ「Cafeグランマ赤岩」が、2016(平成28)年11月10日にオープンして1年が過ぎた。

 オーナーの金井桃代さん(67)は、叔母が家を手放すと聞き、悩んだ末、叔母から家を譲り受け全面改装し、かねてからの夢だった民家カフェを、生まれ育った赤岩に開店させた。

 3階建ての店舗の1階は、手作り雑貨と帽子の店「アトリエ INGLE SIDE」が花園から移転。2階が店舗、3階はフリースペースで、会合や集まりに利用できる。予約が必要だが、ランチやお茶を頼むと無料で使える。

 これまで店を持ったこともカフェの経験も無い金井さんだが、自宅で友人にお茶を振舞うのが好きだった。

 すでに孫のいる金井さんは、おばあちゃんの意味の“グランマ”と、店内から見える赤岩山から店名をつけた。オープン時には、親戚や友人・知人が祝うために集まり、元気づけられたという。

 店準備から接客・料理・後始末まで1人で行なっている。最初は戸惑うこともあったが、コーヒーだけではなくランチも始め、手作りケーキも提供している。なにより接客が楽しくて大好きだという。お奨めの日替わりランチは、コーヒー付きで700円。家庭の献立を考えるように、買物した食材を使って腕を振るう。

 来店した方が、とても居心地良く、又来てくれるように、楽しめる空間を目指し、自宅の客間のような雰囲気作りに力を入れ、「落ち着きますね」と言われるのが最高の褒め言葉だそうだ。玄関を上がって、スリッパに履き替えるのも寛ぐため。

 金井さんの趣味は登山や旅。5年前から山へ出かけ、富士山にも登った。来年は、利尻富士や花畑が楽しめる富良野岳に登ってみたいそうだ。 古希までは1人で続けることを目標に、「旅や登山を楽しみながら、店も頑張っていけたら」と話し、その後は「誰かに手伝ってもらえらば」と。

 店内の壁には親戚が描く絵画作品を飾り、夫所有のレコードプレイヤーで、懐かしい音楽も聴いて楽しめ、「ここから見える四季折々の赤岩の景色を楽しんでもらいたい」とPR。

 若々しくて素敵な金井さんの手作りランチとケーキをいただきながら、のんびりとした時間を過ごしてみよう。

Cafeグランマ赤岩
小樽市高島4-10-13
電話&FAX:0134-26-6655
営業時間:11:00〜17:00
定休日:日曜日・祝日・GW・年末年始
駐車場あり

 12月のベストママ 2017

山本 理沙 ママ

 中央市場(稲穂3-11-3)第3棟に店舗を構える「クチル花店」は、2017(平成29)年4月19日にオープン。

 山本理沙代表は、市場の雰囲気を明るくして、若い世代でも市場に立ち寄れるおしゃれな花屋さんを開いた。

 これまで、花屋に勤務したりフラワーデザインスクールに通ったりと、6・7年前から花に携わっている。

 開店前は、朝里川温泉でカフェと一緒に装花を開いていたが、カフェの引越しをきっかけに、理沙さんも独立を決意。

 中央市場とは、ガンガンギャラリーで作品展を行った際に、市場の世界感と理沙さんが作るものとの相性を感じ、開店の運びとなった。

 真冬に枯れた薔薇を見つけ、香りが良く美しさに魅了され、「朽ちる(=クチル)美しさ」をコンセプトとし、店名にした。名前の由来となった薔薇を、今でも店内に飾り大切にしている。

 咲いたばかりの花を求めることが多い中、咲いてから枯れるまでの「美しい」を、すべてを感じてもらおうと、生からドライになっても飾れる素材を使い、リースやオブジェの工作をメインにしている。

 理沙さんは、市場の開店時間9:00から18:00まで店を開け、仕入れから販売まですべて1人で行っている。切花や花束・アレンジメントはもちろん、植物のアクセサリーも手がけている。コーヒー豆を使ったピアスは、30代以上の人にシンプルで普段使いできるものをと制作した。アレンジメントはすべて1点もの。

 お気に入りの花材は、オーストラリアやアフリカ原産の色も形も個性的なワイルドフラワー。生花は、国産にこだわり、生産者が分かるものを仕入れている。育て方がしっかりしていると長持ちするという。今はもう冬だが、花の業界では、すでに春でアネモネやチューリップが出回っているそうだ。

 市場に立ち寄った観光客に小樽の想い出にと、店頭で気軽にできるワークショプを実施している。今月は、クリスマスが近いこともあり、コニファーとバラの実のXmas wreath(45min・1,800円)と、瓶の中にドライやブリザーブド加工した花材を入れてシリコンオイルを流し込むハーバリウム Xmas version(30min・1,800円)を用意。

 心がけていることは、「当たり前だけれど、自分が信頼できるものを使うこと。1つ1つ丁寧に作り、差し上げる方の気持ちが伝わるように考えている」という。今後の夢は、店舗のディスプレイをしたいそうだ。

 「自分で面白いと思うものを置いている。ぜひご来店して見てもらいたい」とPR。店内は手作りのリースや個性的な植物が並び、理沙さんの笑顔に思わず立ち寄りたくなる。

 OSAWINERY(色内1)とのコラボ企画、冬空キャンドルリースワークショップを、12月2日(土)13:00から15:00に、OSAWINERYで開催。材料費とワイン1杯とミニスイーツ付きで3,500円。芳川商会オリジナルの冬の星空をイメージしたキャンドルをリースの真中に飾る。予約はメールで。

クチル花店
小樽市稲穂3-11-3 小樽中央市場第3棟ガンガンギャラリー隣
営業時間:9:00〜18:00
定休日:日曜日・祝日(木曜不定休)
電話:080-4041-9187 
クチル花店HP