小樽への誘い”観光ポスターより
春「朧景色」
行けば見つかる
自分だけの旅を
    探しに・・・
夏「追憶」
聴けば見つかる
ノスタルジックの息吹
秋「郷愁」
観れば見つかる
琥珀色のやすらぎ
冬「光芒」
来ればおたる 
今と昔が交錯する街
石畳の途(みち)
 見つけてください、
あなただけの風景 

 凍てついた水面のなかにも映し出される灯のようにあたたかく・・・・語りかけてくれるこのまちに抱かれたい。

温故知新
月を待って、 
   恋をした。
かわらない夕陽、
なつかしい街。
あたたかいものを
運ぶ河がある。
ラヴレターが届く街。

総天然色   
  イリュージョン。