自民党小樽支部 公募候補者を発表! (2018/11/16)

 自由民主党小樽支部(横田久俊支部長)は、来春の小樽市議会議員選挙の公募による候補者4名を、11月16日(金)に発表した。

 同支部では、10月中に市議会議員を志す市民を初めて公募し、11月に書類と面接による審査を行った。

 最終的に4名の応募があり、3名が同支部の公認・1名が推薦として決定された。

 公認候補者は、健康食品・サプリメント販売会社代表取締役の須貝修行(57)、測量設計会社代表取締役の高木紀和(41)、国会議員秘書の松岩一輝(25)の3氏。

 推薦候補者は、印刷業代表の竹田宗弘氏(53)。

 公認3氏については、自由民主党北海道支部連合会が主催する「HOKKAIDO政治塾」への参加や同支部総務会会員としての実績など、同党との関与や貢献などが考慮され公認となった。

 同支部では、10月17日に現職の6名を1次公認候補者として既に発表しているが、今回の2次公認(推薦)候補者と合わせて、計10名が来春の統一地方選に立候補することになった。

 小樽市議会の議員定数25名のうち、現在、自民党会派は7名。

 候補者の公募に当たって、同支部では最低10名の立候補で2桁の議員数を確保したいとしていたが、横田支部長は、「ぜひ市会議員をやってみたいという方、特に女性で意欲のある方がいれば、3次公認もあると思う」と話した。

 関連記事1

 関連記事2
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


後志自動車道小樽JCT~余市IC間 開通

冬季営業安全に!天狗山スキー場安全祈願祭

第43回勧仁塾道場杯争奪空手道選手権大会

20181130小樽市長定例記者会見

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈