ちぎり絵の魅力! 和紙ちぎり絵展 (2018/11/08)

chigirieten1.jpg 9月27日(木)に開幕した小樽市文化祭の最後を飾る作品展「和紙ちぎり絵展」が、11月7日(水)から11日(日)まで、市立小樽美術館(色内1)1階多目的ギャラリーで開かれている。

 運営するにじの会の白鳥照子代表と生徒23名の、教室で製作した風景や静物などお気に入りの作品117点を展示している。

 白鳥代表の作品の中で、葉っぱなど細かい作業が多く、今年やっと仕上げた「水郷」(15号)は、日本の風景を元に、素材の和紙をちぎる・剥く・貼るといった手法を繰り返し、丹精込めて製作した。

chigirieten2.jpg 牡丹・もみじ・シクラメン・夜桜、流行の浮世絵も題材にして、多彩な作品が並ぶ。

 白鳥代表は、「色彩感覚を養い、ボケ防止です。興味のある方は、ぜひ来場してください」と笑顔で語る。

 ちぎり絵は、丁寧にちぎった和紙を台紙等に貼って仕上げた作品で、教室では、教材を使い気軽に楽しめ、10年以上も学ぶベテラン人も多い。小樽教室は月2回。銭函教室は月1回実施。

 10月27日開催の在日外国人日本文化体験会でも、毎年、白鳥代表をはじめ、会員の協力のもと行われている。

 関連記事1

 関連記事2

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


しゃこ汁・茹でしゃこに行列!小樽しゃこ祭

看護の道へ戴帽式!小樽市立高等看護学院

「小樽写真散歩」《紅葉とリス!晩秋の中野植物園》

アンアンホース号冬眠へ! 最終便に142名

文化の日 小樽市文化祭伝統フェスティバル!

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈