晩秋の川を遡上するサケ!街中の勝納川 (2018/10/22)


 小樽の街の秋の風物詩となっているサケの遡上が勝納川で見られている。

 急流の中には懸命に遡り、生命の営みを終えたサケの死骸がいくつも見られる。その横を番(つがい)のサケが、懸命に遡上を試みている。
salmon.jpg
 市内の勝納町・真栄・奥沢地区をぬって流れる勝納川。周辺には、酒造元や住宅が建ち並んでいる。この勝納川に架かる奥沢中央橋から、懸命に遡上するサケの姿が眺められる。

 南樽市場脇の川には、カメラを片手にサケの姿を撮影する市民の姿が見られる。例年9月中旬から1ヶ月近くがサケの遡上時期で、今年も晩秋を迎え、まもなく遡上も終わりに近づいている。

 急流の中を目を凝らすと、懸命に遡上するサケの姿が、確認できる。動画に目を凝らし、サケの姿を確認してみてください。

 関連記事
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


しゃこ汁・茹でしゃこに行列!小樽しゃこ祭

看護の道へ戴帽式!小樽市立高等看護学院

「小樽写真散歩」《紅葉とリス!晩秋の中野植物園》

アンアンホース号冬眠へ! 最終便に142名

文化の日 小樽市文化祭伝統フェスティバル!

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈