2年に1度の作品展!水彩・油彩17点 りんごの会 (2018/10/13)

ringonokai1.jpg 小樽道新文化センターで開いている絵画教室「りんごの会」で学ぶ生徒9名のうち、8名と講師の三宅悟氏の油彩・水彩作品17点(6号~10号)を、10月13日(土)~19日(金)、北海道新聞小樽支社(稲穂)1階アシスで展示している。

 画家・三宅氏の手ほどきを受け、2014(平成26)年に初めて作品展を開き、2015(平成27)年は合同展「ラルゴ展」に参加。同会として1年置きに作品展を行なっている。

 対象物をしっかりと見つめ、絵の楽しさを持ち続けたいと「リンゴの会」と名づけ、花などの静物画やお気に入りの風景画など、ringonokai2.jpg
1人2枚出展した人もいて、2年間の努力の成果を発表する場となっている。

 同会は、様々な年代の男女が、毎週土曜日10:00~12:00に集まり、先生が提出した画題を描いたり、写生したり、腕を磨いている。

 長年絵を描き続ける吉江美由貴さんは、自宅の窓辺のクンシランと外の風景を描いた1点と、町中の小川のある風景画を出展。

ringonokai3.jpg 入会3年目の嶋田志郎さんは、「ずっとテニスをしていたができなくなり、70歳を機に絵を始めた。楽しいから続けられると思う」と話した。

 亀井孝一さんは、会員の中で最多の6点を出展。旧手宮線から見える風景を3枚を並べて展示し、鋭い観察力と独特な描き方が亀井さんらしさを出している。

 会員は、「学びの途中の成果を沢山の方に見ていただきたい。また、絵を描きたい方もいらしてください」と話した。

 りんごの会展 10月13日(土)~19日(金)10:00~17:00
 北海道新聞小樽支部(稲穂)1階オアシス・入場無料

 関連記事1

 関連記事2
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


しゃこ汁・茹でしゃこに行列!小樽しゃこ祭

看護の道へ戴帽式!小樽市立高等看護学院

「小樽写真散歩」《紅葉とリス!晩秋の中野植物園》

アンアンホース号冬眠へ! 最終便に142名

文化の日 小樽市文化祭伝統フェスティバル!

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈