今年も力作揃い シルバーエイジ作品展示会 (2018/09/12)

silverage1.jpg 小樽市と小樽市老人クラブ連合会(佐々木茂会長)の共催で、第39回小樽市シルバーエイジ作品展示会が、9月12日(水)~15日(土)、小樽市産業会館(稲穂2)2階で開かれている。

 市老連13クラブ(68名)・市老連手芸サークル(6名)・6団体(145名)の219名・579点を一堂に展示。丹精込めて作られた作品が並び、クラブ会員をはじめ、友人知人が会場に訪れ、和気藹々とした雰囲気に包まれている。

 同展示会は、高齢者の趣味や文化・教養を啓発し創作意欲を高めて、生活感の充実を図り、生きがいを助長することを目的としている。

 初日は、迫俊哉市長、佐々木会長らによるテープカットで開催を祝い、佐々木会長は、「素晴らしい作品ばかりで感激している。私にはとてもできない」と感心していた。
silverage2.jpg
 書道教室の「三水会」は、三浦栄子さんを講師に、月2回、生協会議室で学んでいる。

 今回は、10名の1人3点ずつ計30点のペン習字作品を展示。フェルトペンを使い、与謝野晶子等の好きな歌を行草体で書き額装した。カラーペンを使った作品も展示。

 三浦講師は、「好きな歌を選び、その人らしい線を出せるように指導している」と話す。同講師は、銅版に「寿」を描いた作品を出展した。

 デイサービスはる赤岩は、ハンカチや扇子・Tシャツにステンシルで絵を付けた作品、24名の42点を展示。手しごと工房来夢は、着物からコート、帯からベスト、羽織からジャケットにリメイクした作品、23名の33点を展示。

silverage3.jpg オタモイ芳寿会は4名の8点を展示し、丁寧に手縫いした吊るし雛が、会場を華やかにしている。

 杜のつどいのパッチワーク教室は、第1・3月曜日に集まり、バック・巾着など実用的な物も制作。手編み教室は、東日本大震災支援の靴下カバーも継続的に実施し、第2・4火曜日に集まっている。

 会場に訪れた女性は、「素晴らしい、根気のいる手仕事ですね」と、タペストリーを見て話していた。

 シルバーエイジ作品展示会 産業会館(稲穂2)2階
 9月12日(水)10:30〜16:30・13日(木)~14日(金)10:00~16:30・15日(土)10:00~12:00

 関連記事
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


福祉に理解を! ふくしフェス2018 in 小樽

しゃこ汁・茹でしゃこに行列!小樽しゃこ祭

看護の道へ戴帽式!小樽市立高等看護学院

「小樽写真散歩」《紅葉とリス!晩秋の中野植物園》

アンアンホース号冬眠へ! 最終便に142名

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈