ギネス世界記録達成! ペットボトルで巨大艀 (2018/08/12)


 旧日本郵船小樽支店前の北運河で、8月12日(日)13:00から、ペットボトルで作った艀(はしけ)の大きさ世界一のギネス世界記録にチャレンジする催しが行われ、見事世界記録に認定された。

 小樽青年会議所(山本秀也理事長)が主催する北運河ルネサンス2018に合わせ、同所が市内全18校の小学生に呼び掛けて行った。

petbottleboat1.jpg

 艀は、ペットボトルを使って各学校ごとにパーツを作り、11日(土)に北運河で組み合わせて完成。使用した数は2,875本で重量は約200kg。

 正式名称は「プラスチックで作った最大のいかだを浮かばせる」(Largest floating raft plastic)となり、世界初の試みであることから、ギネス社が設定した基準に基づき審査が行われた。ギネス基準は、「艀の面積が20㎡以上で、1人の人間が乗り、1分間沈まないでいられること」。
petbottleboat2.jpg
 多くのギャラリーが見守る中、18校ののぼり旗が掲げられたペットボトル艀は、山本理事長を乗せて1分間水上を漂い、第1ステージをクリア。次に資格を持った測量士が計測した結果、艀の面積は21.817㎡でクリア。世界記録に認定された。

 ギネス社の公式認定員から認定証を受け取った山本理事長は、「全18校の小学生に協力してもらい、この日を迎えることができた。皆さん本当にありがとう」と感謝を述べ、集まった小学生や保護者から喜びの声が上がっていた。

 関連記事

 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


9月小樽市長定例記者会見

秋のイベント おたる水族館

唄い続けて! 第17回北海浜節全国大会

小樽秋のみやこ市開催

第10回記念スポーツフェス 約30団体集結!

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈