夏休みを楽しもう! 子どもフェスティバル (2018/08/07)

kodomofes1.jpg 小樽市勤労青少年ホーム(緑1)では、夏休みを活用して、小学生以下を対象とした「子どもフェスティバル」を、8月7日(火)10:00~13:00に開催した。

 同市では、市内中高生に、地域や学校等でリーダーとして活躍できる知識や技能を修得させ、次世代の人材育成を目的に、シニアリーダー養成研修事業を行っている。

 その実践の場として、研修生が企画運営して同フェスティバルを開催。夏ということもあり「水」をテーマに、水鉄砲で的当てゲームやクレヨンと絵具で描く「はじき絵」、クリップを上手に水に浮かべた工作など5つのブースを開いた。

kodomofes2.jpg 10:00の開場と同時に、子ども達が大勢訪れ、10名のスタッフ含めて約100名で賑わった。

 11:00からは、株式会社明治と連携して、同社の栄養士で食育指導士の堤秀子さんを講師に、幼児から小学生まで22名とその保護者が参加して、「みるく教室」が開かれた。

 はじめに、朝ごはんの重要性について、4つのミラクルパワー「元気がでる・人の話が聞ける・気持ちが落ち着く・排便がある」を紹介。

kodomofes3.jpg その後、アイスクリーム作る教室が開かれ、子ども達は、上下に牛乳パックを一生懸命に振って、いちご味のアイスクリームを完成させ、手作りアイスを味わった。

 市内在住の吉田茉央さん(11)は、「初めてアイスクリームを作った。振るのが大変で、ちょっとしょっぱいけど美味しい」と話し、弟の蒼平君(6)は、「美味しかった!」と笑顔で答えた。

 山本真由美館長は、「初めての開催に、沢山の子ども達が集まってくれて嬉しい。シニアリーダーが子ども達のゲームを考えたり、企画運営している。DIYプロジェクトもアイディアを出し合い、着々と進んでいる」と話した。

 小樽市勤労青少年ホーム

 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎8月26日(日)投開票の小樽市長選挙!《関連記事特集》
     ◎記事で見る森井市政の3年間!末期症状の森井市政


小樽の26店が集結!第4回熱闘ザンギ甲子園

戦没者記念塔建立50回目の小樽商大慰霊祭

小樽市長選!鳴海氏「みんなの共同行動」結成

北運河ルネサンス! 新たな小樽の魅力発見

北照高校野球部応援 100回記念大会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈