アイアンホース号 最初の試験走行見送り (2018/07/18)

0718ironhorse1.jpg 小樽市総合博物館(手宮1)本館では、修理を終え、7月12日(木)に戻ってきた蒸気機関車アイアンホース号の、最初の試験運行を18日(水)に予定していたが、明日19日(木)に見送った。

 同館に動態保存されているアンアンホース号は、昨年10月にボイラーに故障が見つかり、大阪から修理を終えて戻ってきた。その後、担当の伊藤公裕さんらは、アイアンホース号の運行準備を進めていた。

 18日も9:30から、伊藤さんと機関士3人が機関車庫に入り、油と煙まみれになりながら調整を行なっていた。

0718ironhorse2.jpg 9ヶ月ぶりにボイラーに点火し、同車両の煙突からもくもくと煙を上げ、車庫の煙突からも煙が上った。燃料管に澱が溜まり、時間がかかったが無事点火。

 炭水車の水漏れを発見したり、ブレーキ圧縮機やボイラー注水器の確認をしている最中で、安全に走行できるよう入念なチェックを行っている。

 シーズン初めに必ず行う業者による安全弁のテストを19日11:00に予定し、何も問題がなければ、午後から最初の試験走行を行い、 21日(土)と22日(日)には、復活運転記念イベントを予定している。

 小樽市総合博物館

 関連記事
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎8月26日(日)投開票の小樽市長選挙!《関連記事特集》
     ◎記事で見る森井市政の3年間!末期症状の森井市政


戦没者記念塔建立50回目の小樽商大慰霊祭

小樽市長選!鳴海氏「みんなの共同行動」結成

北運河ルネサンス! 新たな小樽の魅力発見

北照高校野球部応援 100回記念大会

スポーツGOMI拾い in おたる北運河

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈