北海道命名150年事業 "時代の証人たち" (2018/07/15)

jidai1.jpg 市立小樽図書館(花園5)は、北海道命名150年事業第1弾「時代の証人たち」を、7月15日(日)から26日(木)まで、1階ホールで開催している。

 道立図書館所蔵の1,900枚と同館所蔵の3、40枚の絵はがきの中から、鈴木浩一館長が厳選した明治・大正・昭和の絵はがき130枚を展示。同館でも絵はがきの展示は初めてで、当時の生活の様子や時代背景を知る貴重なものを紹介している。

 展示している中で最も古いのは、明治42(1909)年発行の道庁の火災を絵はがきにしたもので、組写真になっている。

 絵はがきのモチーフは、綺麗な風景ばかりではなく、情報を知る手段があまりなかった時代では、火災や噴火、凶作などの絵はがきも多い。
jidai2.jpg
 登別温泉の第一瀧本や蘭越町の秘湯鮎川温泉、花魁道中絵はがきや皇太子来樽を記念に、小樽市が明治44(1911)年に制作したものなども展示されている。

 22日(日)13:00~15:10、同館2階視聴覚室で、道立図書館所蔵の「ふるさと動画DVD」の中から、昭和4(1929)年「北海道の拓殖」を約15分上映し、道立図書館勤務の須之内美智代氏が解説する。

 2本目は、昭和28(1953)年「北海道の開拓 営農篇」を約30分上映。戦前と戦後の北海道開拓の記録映像と、同館所蔵の昭和30年代の市内の映像も上映。

 参加希望者は、同館カウンターへ直接申し込む。定員50名・参加無料。問合せ:0134-22-7726 市立小樽図書館。

 鈴木館長は、「先人達の努力があって今の小樽がある。当時の絵はがきから感じとってもらいたい」と話した。

0715-26jidai.jpg
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎8月26日(日)投開票の小樽市長選挙!《関連記事特集》
     ◎記事で見る森井市政の3年間!末期症状の森井市政


戦没者記念塔建立50回目の小樽商大慰霊祭

小樽市長選!鳴海氏「みんなの共同行動」結成

北運河ルネサンス! 新たな小樽の魅力発見

北照高校野球部応援 100回記念大会

スポーツGOMI拾い in おたる北運河

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈