1本の飲料水から10円 キリンビバレッジ図書寄贈 (2018/06/29)

kirinbeverage.jpg 市立小樽図書館(花園5・鈴木浩一館長)正面玄関前に設置の北海道キリンビバレッジサービス株式会社(本社札幌・平井一彦代表取締役)の自動販売機の清涼飲料水1本の売上につき、10円の寄贈を実施し、平成29(2017)年度の売上本数の合計により、図書15冊(24,020円相当)を寄贈した。

 同社は、小樽市のまちづくりと市民の生涯学習拠点のひとつである、図書館を応援する目的で、2012(平成24)年4月に寄附型自動販売機を設置。寄附金額は累計202,180円、寄贈した図書は143冊にも及ぶ。寄附は今回で6回目となった。

 その贈呈式が、6月29日(金)11:00から、同館2階会議室で、同社土田雄一札幌支店長が出席し、鈴木館長に目録を手渡した。

 土田支店長は、「若者の読書離れや電子書籍が普及する現代社会ではあるが、図書館を利用される方々が、本(図書)から紙の温もりを感じる方が増えてくれると嬉しい。自動販売機を通じて、図書館を利用される方に、憩いと潤いが提供できれば幸い。今後も継続して図書を贈呈し、図書と利用者の増加に少しでも貢献できれば」と挨拶した。

 鈴木館長は、「延べ20万円を超える本の寄贈をいただいている。図書館は無料の施設で、誰でも気軽に利用できるということで、小さいお子様から高齢者まで、手に取って楽しく読める本を選んで寄贈いただいた。平均600人の利用者がいる。特設コーナーで貸出を行う予定」と感謝した。

 北海道キリンビバレッジサービス

 図書館イベント情報

 関連記事

kirinbeveragelist.jpg
 
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


福祉に理解を! ふくしフェス2018 in 小樽

しゃこ汁・茹でしゃこに行列!小樽しゃこ祭

看護の道へ戴帽式!小樽市立高等看護学院

「小樽写真散歩」《紅葉とリス!晩秋の中野植物園》

アンアンホース号冬眠へ! 最終便に142名

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈