潮見台ジャンプ場に植樹! 小樽南ロータリークラブ (2018/06/10)

minamirotaryclub1.jpg 国際ロータリー小樽南ロータリークラブ(松浦光紀会長)は、6月10日(日)、小樽市潮見台ジャンプ場で、少年ジャンパーの育成を願い、同ジャンプ場の日陰づくりを目的とした植樹を行った。

 潮見台記念シャンツェ(スキージャンプ競技場)では、小樽スキー連盟により、毎年3月に少年ジャンプ全国大会が開かれているが、近年の温暖化の影響か、強い直射日光により、大会時に雪で固めた斜面の維持が困難となっていた。

 このことを知った同ロータリークラブは、国際ロータリーの今年度の活動目標のひとつで、自然保護を目的に、会員数と同じ120万本の植樹を行う活動の一環として、青少年の育成に大いに役に立つと、1.5mほど成長したニオイヒバ27本をジャンプ場アプローチに植樹することにした。
minamirotaryclub2.jpg
 当初は、8日(金)に植樹を予定していたが、強い雨の影響で10日に延期されていた。当日は小樽スキー連盟(青山勝会長)に、ニオイヒバ27本が贈呈され、同ロータリークラブの会員らとジャンプ少年団の子どもたちの手により、急斜面の助走路に次々と植樹された。

 ニオイヒバは、冬でも葉が枯れにくい特徴をもち、日陰づくりに適している品種であると選ばれた。

 松浦会長は、「植樹したニオイヒバが無事に大きく成長し、ジャンプ台に日陰をもたらし、少年ジャンパーが練習に精を出し、いつか大きく羽ばたいてほしい」と期待していた。

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


後志自動車道小樽JCT~余市IC間 開通

冬季営業安全に!天狗山スキー場安全祈願祭

第43回勧仁塾道場杯争奪空手道選手権大会

20181130小樽市長定例記者会見

待ちわびたオープン! スノークルーズオーンズ

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈