元総務部長・はざま俊哉氏 市長選に立起表明! (2018/05/22)


 小樽みらい会議代表の迫(はざま)俊哉氏が、5月22日(火)14:00、小樽駅前第一ビル(稲穂2)で、混迷する現市政を立て直すため「おたる再起動」を旗印に、来春の小樽市長選へ立起することを表明した。

 はざま氏は、現在59歳で、元市職員。森井秀明市長の市政運営の手法に、総務部長や教育部長として接し、小樽の街の将来に大きな不安を感じたことから、昨年2月、定年退職まで2年を残して早期退職し、同4月に知人・友人等とともに政治団体「小樽みらい会議」を立ち上げた。
hazama.jpg
 同会議では、これまでセミナー開催や停滞する市政の現状報告、自身のまちづくりに対する思いを、街頭で訴える活動などを続けてきた。

 市長選に対する意欲が伝わる中で次第に支援者が集まり始め、昨年12月に「はざま俊哉後援会」が発足した。後援会長には、絵本・児童文学研究センター(色内1)の理事長を務める工藤左千夫氏が、同氏の人柄に惹かれ就任している。

 はざま氏は、立起表明にあたり、自身が生まれ育った小樽の街を、「安全・安心で、活力あふれるまちとして、次世代に引き継ぐ責任がある」と話し、市民との「対話の重視」・「経済と生活の好循環」・「市民生活の安全・安心、時代や社会の変化、小樽の未来、それぞれについて備えを行うこと」を3つの政治姿勢として掲げた。

 また、具体的な公約については、今後、詰めていくとした。

 関連記事1

 関連記事2

hazamapanf.jpg
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎8月26日(日)投開票の小樽市長選挙!《関連記事特集》
     ◎記事で見る森井市政の3年間!末期症状の森井市政


似鳥美術館にステンドグラスギャラリー新設

雨天仕様で実施 第19回おぼん万灯会

夏を締めくくる盆踊り! 小樽龍宮神社

小樽の26店が集結!第4回熱闘ザンギ甲子園

戦没者記念塔建立50回目の小樽商大慰霊祭

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈