今季初の夏日! 15:00台は27.4℃に (2018/05/16)

0516weather1.jpg 5月16日(水)、日本海側を中心に気温が上がり、日中の最高気温が、今年初の25℃以上の夏日を観測した地点があった。小樽でも15:32に27.4℃を観測し、今年一番の暑さとなった。

 札幌管区気象台の発表では、手稲山口で、28.6℃(15:30)と道内で一番の暑さを記録し、続いて、札幌市で、27.8℃(15:08)、そして、小樽と富良野が27.4℃で並んだ。

 全観測173地点のうち、25℃以上の夏日を観測した地点は34地点もあった。平年よりも高い地点は165地点となり、この時期の気温を上回る暑い日となった。
0516weather2.jpg
 小樽運河浅草橋の温度計は、15:15に27.0℃を表示。半袖姿の観光客も多く、運河をバックに撮影を楽しんでいた。駅前通りでは、暑い日ざしを避けるため日陰を歩く人や、ソフトクリームを頬張り涼をとる人など、それぞれに暑さを凌いでいた。

 気象台では、17日(木)、前線が北海道付近を通過するため、海上では南西の風が強く、午前は広く雨が降り、雷を伴う。気温は、本日よりも10℃前後低くなる所があるとしている。

 2018年5月16日の北海道の最高気温高いほうから
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎8月26日(日)投開票の小樽市長選挙!《関連記事特集》
     ◎記事で見る森井市政の3年間!末期症状の森井市政


戦没者記念塔建立50回目の小樽商大慰霊祭

小樽市長選!鳴海氏「みんなの共同行動」結成

北運河ルネサンス! 新たな小樽の魅力発見

北照高校野球部応援 100回記念大会

スポーツGOMI拾い in おたる北運河

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈