稲荷神社境内で"てみや春うたライブ" (2018/05/13)

temiyalive1.jpg 励ましの坂を上り、手宮公園に隣接する小樽稲荷神社(末広38・木村文彦宮司)境内で、5月12日(土)・13日(日)の2日間、幅広いアーティストが出演して、てみや春うたライブが開かれた。

 もっと神社を身近に感じてもらおうと、2007(平成19)年に開催した手宮夜桜ライブが前身となり、地域住民が引き継ぎ、絶やすことなく毎年開催されている春一番のイベントだ。

 境内をステージに、個性溢れるアーティストがオリジナル曲や馴染みの曲を奏で、鳥居下では、地元産のホタテ焼き・串焼き・焼きそばの屋台を設置し、子ども縁日コーナーもあり、子どもから大人までが楽しめる。

temiyalive2.jpg 初日の12日(土)は晴天となり、10組のアーティストが出演。2日目の13日(日)はあいにくの雨となったが、オープニングは小樽潮太鼓保存会の打演で飾り、その後14組が出演して、悪天候を吹き飛ばし、酒やホタテ等に舌鼓を打った。

 同会親隊所属の工藤樹輝さん(20)は、「久しぶりに太鼓を打ち、境内はステージと同じ感覚で打つことができた。これから様々な祭りに向け、繋げていきたい。今年も、太鼓を通じて、小樽近郊やそれ以外の人々にも、潮太鼓やおたる潮まつりについても周知していきたい」と意気込みを見せた。

 佐々木実行委員長は、「まつりは何回あっても良く、地域で春祭りがあっても良いと開催。地元の人とのふれあいの場となればと思う。歌いたい人が集まり自由に歌い、今後も続けていきたい」と話した。

 おたるぽーたる てみや春うたライブ
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


秋のイベント おたる水族館

唄い続けて! 第17回北海浜節全国大会

小樽秋のみやこ市開催

第10回記念スポーツフェス 約30団体集結!

停電が続いた小樽 地震から2日目

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈