標本を読み解く 博物館企画展講演会 (2018/05/12)

 小樽市総合博物館(手宮1)2階企画展示室で開催中の「フォーリー神父とオタルスゲ~小樽に来た伝説の植物採集家」に関連して、5月12日(土)10:30から12:00まで、同館・研修室を会場に、札幌市博物館活動センター学芸員で水草専門家の山崎真美氏を招き、「採集地Azumaの謎を解け!フォーリーの植物標本から」と題して講演会が開かれた。

 100年以上前にフォーリー神父が作成した植物標本に基づく研究について紹介し、30名が参加して話に耳を傾けた。

mikurizoku1.jpg 山崎氏は、水草に興味を持ち研究。池や沼に自生するコウホネの研究から、新種ウリュウコウホネを発見した。

 ニセコの神仙沼で新種ウキミクリを発見し、ミクリ属(ガマ科属し水生植物)の研究のきっかけとなった。現在も希少な水草「ヒナミクリ」の研究を続けている。

 フォーリーが作成した標本ラベルに記載されている謎の地名「Azuma」とはどこかを、イギリスの植物園などを訪問して調査。研究結果など興味深い内容となった。

 「標本を見る目が少しでも変われば」と、標本は読み解く側で意味が変わり、歴史の面白さや新たな発見についても語った。

 数年前まで、ヒナミクリは、日本では認知されていない研究されていない植物だったが、ミクリ属のモノグラフ(Cook and Nicholls 1986)に掲載された分布図から、日本にヒナミクリが生息する説を裏付け、1997年には、滝田謙譲氏が根室でヒナミクリを発見した。(北海道植物図鑑掲載)

 様々な角度から調査を行い、フォーリーの標本とヒナミクリが同定し、日本にヒナミクリがあったことを実証。

mikurizoku2.jpg また、ラベルに書かれた「Azuma」については、音(アヅマ)だけを手がかりに吾妻(現在の北関東・群馬県西部)と誤認したことが推測でき、フォーリーの足跡をまとめた論文(角田氏)から、ラベル記載の1893年7月31日北海道の厚真(あつま)から勇払(ゆうふつ)で採集したことが判明した。

 吾妻ではなく北海道の厚真で、さらに、植物学者の宮部金吾氏が採集した標本のラベルからも、厚真町付近、厚真川流域で採集されている。厚真と根室半島へ2010年と2011年に現地調査し、その時の様子を写真で紹介した。

 「標本を活用することで、さらに付加価値が高まる。標本ラベルは、後世に伝えるもので、読み解く側で意味が変わり、社会情勢によって消えている地名もあり、古い標本ラベルを読み解くためには、歴史学や異なる分野の視点も入れ、紐解くきっかけが得られる。標本を作った人の人間味等もいろいろな見方ができる」と締めくくった。

 企画展関連して、6月2日(土)10:00から12:00まで長橋なえぼ公園・森の自然館に集合して、自然観察会「オタルスゲと初夏のなえぼ公園」を実施。申込みは5月30日まで。

 6月17日(日)11:00から12:00まで企画展示室で、企画展ギャラリートーク「伝説の男フォーリー神父 まるごと解説」を実施で申込不要。

 申込み・問合せ:0134-33-2523 FAX:0134-33-2678 総合博物館本館

 関連記事
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎記事で見る森井市政の3年間!末期症状の森井市政


元総務部長・はざま俊哉氏 市長選に立起表明!

小樽初寄港! ノルウェージャン・ジュエル

商大の夜桜をライトアップ! 5月8日・9日

商大飲酒事故から6年 癒せぬ深い悲しみ

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈