「小樽写真散歩」by akemi iwata《桜2018》 (2018/05/08)

 全国的に平年より早い開花となった2018年度の桜も、そろそろ、ゴールを迎える。
小樽でも4月25日に開花が確認され、エゾヤマザクラやソメイヨシノが満開となり、大勢の花見客を楽しませた。

 市内にも沢山の桜の名所がある。その一部を紹介。

 手宮公園横の励ましの坂とその周辺

 手宮公園には、エゾヤマザクラやソメイヨシノなど約690本の桜があり、大勢の花見客が訪れる桜名所のひとつ。子ども達は遊具で遊び、大人はじっくりと花を楽しめる。

 

 JR南小樽駅では、レトロな駅舎に覆いかぶさるように桜が咲いた。

 南小樽駅正面には、桜の季節大勢の人々が訪れている。

 明治13年から昭和40年まで使われていた鐘が今でも吊るされている。

 駅のホームでは、電車を待つ間に、スマホで桜を撮影する人の姿が目立つ。

 天上寺(入船4)は、境内の約30本のソメイヨシノが綺麗だ。阿弥陀様も並んでいる。

 良い子の遊び場(色内2・二段公園)の1本のソメイヨシノは、色内中央町会が管理し「二段桜」と呼ばれ、満開になると18:00から21:00までライトアップされている。春と秋に、花守の診断を受けケアされている。

 小樽商科大学(緑3)の桜も見事に咲き、5月8日・9日にライトアップを企画。

 余市川桜並木の上空は曇空だった。

 
     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


9月小樽市長定例記者会見

秋のイベント おたる水族館

唄い続けて! 第17回北海浜節全国大会

小樽秋のみやこ市開催

第10回記念スポーツフェス 約30団体集結!

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈