LINEの出前授業!北陵中で情報モラル教室 (2018/04/25)

 コミュニケーションアプリを運営するLINE株式会社から、情報社会に対応したルールやマナーを学ぶ出前授業「情報モラル教室」が、全国各地で年間2,500回ほど開かれている。

linekyousitsu1.jpg 小樽市でも、北陵中学校(清水町5・宮澤知校長)の3年生を対象に、「楽しいコミュニケーション」を考えよう!と題して、4月24日(火)、クラスごとに4・5・6時間目を利用して、109名が出前授業を受けた。

 同校で全校生徒が携帯を持っている割合は89.4%(昨年度)と、ほぼ持っているのが現状だ。

 3年1組36名(欠席1名)が4時間目に受講。講師は、同社樋口孝一氏が務め、ワークショップ形式で進められた。

 友達の考え方や感覚の違いを実感させるために、「夜遅い時間とは何時だと思う?」や「携帯使い過ぎって何時間?」など、カードを使っていくつか質問して、子ども達がインターネットと上手に付き合い、適切なコミュニケーション方法を考える機会を創出した。

linekyousitsu2.jpg ワークショップでのルールは、人の意見をそのまま聞く、それぞれの考えを受け入れること。人によって遅いと感じる時間が違うことに気づかせ、人との違いを知ることが大切だと講師は語る。

 樋口氏は、「ネット上では相手の顔が見えず気がつきにくい。もしかしたら、相手に嫌な思いをさせているのかもしれない。楽しいコミュニケーションができるよう、自分と相手の考え方の違いを考えて素敵なコミュニケーションをしてもらいたい」と締めくくった。

 柳澤侃音学級長は、「自分のインターネットの使い方を見直し、家に帰ってから改めたい。今はラインを使っていないが、今後使う時には今回の授業を活かして楽しいコミュニケーションをしたい」と話した。

 LINE株式会社による情報モラル教育、出前授業を全国で展開

 関連記事
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


福祉に理解を! ふくしフェス2018 in 小樽

しゃこ汁・茹でしゃこに行列!小樽しゃこ祭

看護の道へ戴帽式!小樽市立高等看護学院

「小樽写真散歩」《紅葉とリス!晩秋の中野植物園》

アンアンホース号冬眠へ! 最終便に142名

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈