5ヶ月ぶりの勇姿!博物館の展示車両シート外し (2018/04/14)

sheethazushi1.jpg 小樽市総合博物館(手宮1)屋外の展示車両に掛けられた養生シートを外す作業が、4月14日(土)9:30から12:00まで、同館職員・北海道鉄道保存会会員・鉄道ボランティア・市民ボランティア15名ほどが参加して実施された。

 同館保存の機関車・客貨車・蒸気機関車・ディーゼル車・除雪車など50の車両のうち、屋外展示は35車両。そのうち25車両に、昨年11月、冬期間の雨や雪から車両を守るために、ビニールシートが掛けられ、厳しい冬に備えた。

 4月28日(土)からの夏期営業前のこの時期に、毎年シート外しが行われれている。参加者は、久しぶり姿を現した車両を眺め、訪れた春を喜んだ。

sheethazushi3.jpg 1986(昭和61)年まで、函館ー札幌間を運行していた特急北海のシートも、ボランティアは手際良く外し畳んだ。蒸気機関車C5550も5ヶ月ぶりに姿を現した。

 雪解け水が大量に溜まってしまった車両もあり、水や泥まみれになりながら、作業に精を出していた。

 シートを外された車両は、28日からの夏期営業に備えて車内清掃も済ませ、北海道で活躍した車両を楽しむ来場者を迎える。

sheethazushi2.jpg 鉄道ボランティアを7・8年続ける福島厚二さん(72)は、「ベテランが揃い、早いペースで作業が進められている。シート外しが行われると、春が来たと思いワクワクする。子ども達の鉄道車両を楽しむ笑顔が、今年も見られることを楽しみにしている。5月にはトロッコが走る予定だ」と話した。

 明日15日(日)は9:30から、残り2両のシート外しを実施する予定。参加希望者は、ロープを切るカッターやはさみを持参して、同館・エントランスホールに集合。

 4月23日(月)に、故障中のアイアンホース号が修理のために出発する予定。時間は未定。

 関連記事
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


春の火災予防運動! 小樽芸術村で防御訓練

4月19日は飼育の日!水族館でイベント

観光船の安全運航を祈願!4/21運航開始

期待を胸に!歯科衛生士目指す21名入学

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈