中央市場を元気にする春まつり開催! (2018/04/14)

majipromatsuri1.jpg 小樽商科大学(緑3)の本気プロ受講生「市場の交流拠点化チーム」の4名と同大学生ボランティア5名の協力を得て、4月14日(土)10:00から14:00まで、小樽中央市場(稲穂3)2棟空店舗で、中央市場を元気にする春まつりを開催した。

 普段利用することが少ない親子連れをターゲットに、市場の魅力を認識してもらおうと、同市場の店舗と連携して開かれた。

majipromatsuri2.jpg 空店舗を利用して学生も出店。縁日や植物工作体験会、店舗ごとに組み合わせたセット商品の販売を行なった。

 ハーバリウム工作体験は、担当した悪七栄美さんの母親が庭で育てた花をドライフラワーにして、専用瓶に特殊な液体を入れて完成させた。親子や女子に人気があり、25人分を用意したが、昼前には残り1本の人気となった。

 体験に参加した市内小学2年生の女の子は「楽しかった」と話し、引率の祖父は「市場から徒歩5分のところに住んでいる。子ども達はスーパーしか知らないので、これをきかっけに、市場にも顔を出してもらたい」と話した。
majipromatsuri3.jpg
 市場内店舗の協力を得て、めぐろ商店のブドウ糖と生姜糖の「母のきもちセット」、梶商店のかまぼこ・わかめ・おでんの「あったか食事に大変身セット」、松前漬けや塩辛・卵焼きの「ごはんのおともセット」、奥山商店のヘルシーな弁当が並んだ。

 担当学生は、「事前に市場の利用客を調査したところ、若者や親子連れが少ないため、もっと来てもらおうと企画した。来店者からアンケートを取り、今後は、継続的に実施して6月まで活性化について学びたい」と話した。

 関連記事
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


春の火災予防運動! 小樽芸術村で防御訓練

4月19日は飼育の日!水族館でイベント

観光船の安全運航を祈願!4/21運航開始

期待を胸に!歯科衛生士目指す21名入学

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈