泳ぐ泳ぐ鯉のぼり!勝納川に春の訪れ (2018/04/13)

0413koinobori.jpg 小樽市内南樽市場(新富町12)の脇を流れる勝納川に、4月8日(日)から鯉のぼりが泳ぎ始めた。

 鯉のぼりの設置は、若松二町目会(伊藤政一会長)が行っているもので、小樽に春の訪れを告げる恒例行事となっていて、今年で16回目を迎えた。

 眞砂橋を挟んだ約400m区間に、毎年4月の第2週の日曜日に会員らの手によって設置されている。

 川の左右をを跨いで泳ぎ出した鯉のぼりと大漁旗は約300枚。雪解け水が轟々と流れる川面の上を、春の風に揺られ、悠々と泳いでいる。

 川を泳ぐ多くの鯉のぼりを、まだ雪を被った天狗山が見下ろしている光景は、この時期だけの風物詩となっており、市場の買い物帰りの客がカメラを向けていた。

 流れに沿った川の散策路脇には、すでに大きくなったふきのとうが、あちこちに見られ、まもなく訪れる北の街の春本番の到来を、鯉のぼりと共に告げていた。

 GW前後には、市内の桜も満開となり、一気に花と緑の溢れる北海道の春がやって来る。

 関連記事

 
     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


春の火災予防運動! 小樽芸術村で防御訓練

4月19日は飼育の日!水族館でイベント

観光船の安全運航を祈願!4/21運航開始

期待を胸に!歯科衛生士目指す21名入学

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈