中央市場で春まつり!商大本気(マジ)プロ (2018/04/12)

 小樽商科大学の本気(マジ)プロの市場交流拠点化チーム(悪七栄美・田中大貴・山本明日香・若松歩実さん)が、4月14日(土)10:00~14:00、中央市場第2棟(稲穂3)で、市場活性化を目指した、中央市場を元気にする春まつり~商大生と一緒に家族で楽しもう!~を開催する。

0412majipro1.jpg 4人は共に2年生で、今年2月に梁川商店街で行った雪あかりの路のボランティア活動をきっかけに中央市場との繋がりができた。

 同まつりでは、同市場店舗の協力を得て、商大生が考案する商品の組み合わせセット9種類を300円から1,000円で販売。購入者には場内使用の商品券(200円)プレゼントや場内回遊の市場クイズなどを準備。

 また、空き店舗の利用で、縁日をイメージした駄菓子やスーパーボールすくいの販売、ドライフラワーをオイルで瓶詰にしたインテリア雑貨「ハーバリウム」を親子で楽しむ工作体験を350円で提供(限定25個)するなどのイベントを企画。

 同まつりの開催にあたり、これまで、日中の市場入込客数調査を行うなど準備をしてきたが、子ども連れの世代の利用が少ないと感じ、今回は、特に親子で楽しめることも主眼において考案している。
0412majipro2.jpg
 4人は、学生や若者の立場として、「自分自身、市場は入りづらかったが、市場を知ることで楽しい場所だと感じるようになった」(悪七)。「店の人に顔を覚えてもらえ、コミュニケーションを取れることが新鮮。スーパーや量販店ではこうはいかない」(山本)。「料理をするための食材しかないと思っていたが、総菜などすぐおかずになるものも扱っていることを知った。まずは市場を体験するきっかけづくりをしたい」(若松)。「市場活性化のカギはコミュニティの場作りだと思う。まつり開催を通して可能性を考えていきたい」(田中)と述べるなど、開催に意欲を燃やしている。

 当日は、市場各棟にアンケートボックスを設置し、中央市場活性化の意見を求めるアンケートも行う。

 中央市場を元気にする春まつり~商大生と一緒に家族で楽しもう!~
 4月14日(土)10:00~14:00 中央市場第2棟(稲穂3-11)

 関連記事
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


火災防御訓練!ラポールなんたる

元気な小樽に乾杯!ワインカーニバル復活版

元気な小樽をアピール!国内外へ発信

「小樽写真散歩」《定山渓と恵庭渓谷紅葉狩り》

アザラシの引越し!おたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈