妙見市場でマーケット!楽しい美味しい商品並ぶ (2018/03/17)

sibic1.jpg 妙見市場(花園2)の特売日に合わせ、3月17日(土)10:30から16:00まで、楽しい美味しい面白い商品が並ぶ「妙見シビックマーケット」が開かれた。

 通常入店している4店舗と同マーケット限定の12店舗が集結し、市場ならではの対面販売の光景が広がり賑わっていた。

 2015(平成27)年11月から同棟で、ひとりCSA(community supported agriculture)妙見ショップを営む、みみずく舎のミリケン恵子代表が中心となり、空き店舗が目立つ同市場と共催して、2017(平成29)年5月から、同マーケットを企画。毎月第3土曜日の特売日に開き、子どもから大人・高齢者も楽しめる市場を目指している。

sibic2.jpg キンダーリーブ(住吉町4)の2階「月と珈本」は3回目の出店で、コーヒーやカフェオレ・オーガニックハーブディー・自家製レモネードをホットで提供。

 NPO法人余市教育福祉村(余市町登)は、余市で自然栽培したハーブを使用したハーブソルトを提供。しりべしコトリアードの隠し味としてお奨め。カンロの仲間のマルメロのジャムも。日頃の疲れを癒すアロマハンドは、両手トリートメント500円。

 タキノ農園(古平町)は、道産飼料で平飼いのたまごが好評。無農薬などの厳選した素材にこだわった手作りケーキ専門店「パティスリージャンレイ」(釧路市阿寒町)のガトーショコラやパウンドケーキなど、同マーケットのために取り寄せた限定品も並んだ。

sibic3.jpg 子ども達のために遊べるブースを提供しようと、おたる子ども劇場がほぼ毎回出店。クジや輪投げ、活動資金のためのチョコレート等を販売。父親と一緒に訪れた子どもは、輪投げに夢中になった。

 同妙見ショップでは、ミリケンさんのじゃがいもと市場で販売している魚を使って、おたるの魚調理教室 taru-koroを運営する宮部由里子さんが三平汁を作った。出汁巻きたまごのサンドイッチ、韓国ロールやシフォンケーキも販売した。

 南インドカレー屋あおいねこ(高島)のさつまいもと豆のカレーやチキンのカレーが店舗内で食べられた。小麦や牛乳・バター・たまごを使わず、加熱しても48℃以下の製法で作るロースイーツなども提供された。
sibic4.jpg
 憩いの部屋では、午前中は書道家・遠藤花泉さんが講師となり、好きな文字を好きなように書く書道を20分1,000円で開講。

 午後からは、NPO法人小樽青少年科学技術の芽を育てる会の旭司益さんが講師となり、万華鏡づくりを実施した。市場ならではのもの・らしくないものなどが並び、会場は大勢の人が行き交った。

 ミリケンさんは、賑わう様子を見て喜び、「同マーケットがもっともっと定着してもらいたい」と話した。

 関連記事
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎記事で見る森井市政の3年間!末期症状の森井市政


森井市長が政権投げ出し!出直し市長選挙へ2

森井市長が政権投げ出し!出直し市長選挙へ

前保健所長・秋野恵美子氏 市長選立起会見

鎮座150年 住吉神社例大祭の百貫神輿

あいにくの雨「海の日」マリンフェスタ開催

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈