雪かき選手権2連覇!"えちごまさ雪"優勝 (2018/02/17)


 第5回国際スポーツ雪かき選手権in小樽2018(松代弘之実行委員長)が、2月17日(土)に開催され、豪雪を逆手に取り、スポーツの力で除雪問題を解決しゲームを楽しんだ。

 今年3回目の出場チーム「えちごまさ雪」は、第1回目に準優勝、昨年は雪辱を果たし優勝。今年は、サムライをイメージした鬘(かつら)と定番の全身タイツで、若さと気合のチームワークを発揮し、スノーショベリング&ムーブトライアンでも1位。次のスノーマンコンテストでは、ユニークなスノーマンを16体も並べ、2連続で優勝を勝ち取った。

sportyukikaki1.jpg 今回は、15チーム90名が参加。小樽市観光物産プラザ(色内2)3番庫ギャラリーに集合して、第1競技の天神町でボランティア雪かきを実施。昼食は、同ギャラリーに戻り、小樽のソウルフード"あんかけ焼そば"を味わった。

 小樽マリン広場で開会式後、第2競技のスノーショペリング&ムーブトライアルを実施した。各チームから4名が出場し、1.8m×0.9m×0.9mの雪山を10m離れた陣地に運んでタイムを競う。

 チーム全員が女性だったり、メンバーの2/3が雪国生活概ね5年未満や全員が中学生の場合は、ハーフサイズ部門1.8m×0.9×0.45mに参加できる。

sportyukikaki2.jpg 5チームずつに分かれ3試合を実施、チームメイトや知人友人を応援する声が会場に響いた。中間発表では、1位「えちごまさ雪」・2位「スカッとさわやか」・3位「小樽野球協会」 となった。

 第3競技のスノーマンコンテストでは、芸術的センスを活かした雪だるまが、次々と現れた。

 今年からルールを改正して、目鼻口は、掘ったり雪を取り付けたものでは認められないことになり、必ず、色が付いた固形物やスプレーなどで着色する。

 雪を何層にも積み上げて水をかけて固定し、目と口をつけると表情が生まれ、帽子やマフラーで個性を出した。3つの競技すべてに参加することを条件に、総合得点で優勝者を決定。

sportyukikaki3.jpg 北海道観光振興機構と道庁観光局職員6名で作る「生HOKKAIDO」は、3回目の出場。北海道観光PRキャラクターキュンちゃんのかぶりものでPRしながら参加。

 松ヶ枝中学校チームは1・2年生7名が参加し、ハーフサイズ部門で優勝した。役割分担や作戦を決めるミーティングを行い、アイディアを出し合った。生徒会担当教師は、「引っ込み思案なところもあるが、イベントで盛り上がり、面白かったことを、普段の生活にも生かしてもらいたい」と話した。

 同ギャラリーで成績発表と閉会式が行われた。優勝した「えちごまさ雪」チームの越後雅之さんは、「無事に完全優勝でき、3連覇と言わず、10連覇したいくらい。地元小樽を盛り上げたいと思い、小樽で開催の大会に参加。小樽を一緒に盛り上げていこう」と喜んだ。

 松代実行委員長は、「低気圧が来ていたが、晴れて大会が無事に終了でき嬉しく思う。今後も学生を中心とした運営を目指し、温かく見守っていただければと」と挨拶した。

 5周年記念行事として、第1回雪かきサミットが開催され、腰の負担を軽減するスコップの開発についてや、伝統の桜陽高校の雪かきボランティアなどについて発表があった。

 大会結果
 フルサイズ部門
 ワールドスポーツ雪かきチャンピオンシップ部門(一般部門)
 優勝 えちごまさ雪
 2位 スカッとさわやか
 3位 小樽ソーシャルワーカー連絡協議会 そある
 4位 チームほっくー
 5位 The Absence of Dane
 6位 大阪女子混生チーム

 LGスポ雪チャンピオンシップ(自治体対抗戦)
 優勝 ザワトーカーズ

 インカレ・インターハイスポ雪チャンピオンシップ(大学・高校対抗戦)
 優勝 SGU法学部自治会

 ハーフサイズ部門(2チーム)
 優勝 松ヶ枝中学校

 国際スポーツ雪かき選手権in小樽2018

 関連記事
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎記事で見る森井市政の3年間!末期症状の森井市政


小樽初寄港! ノルウェージャン・ジュエル

商大の夜桜をライトアップ! 5月8日・9日

商大飲酒事故から6年 癒せぬ深い悲しみ

本に親しむ としょかん発子ども読書の日

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈