小樽に降り積む雪! ついに110cmを記録 (2018/01/29)

 連日、1日中氷点下の真冬日の小樽市では、低気圧が発達しながら通過したため、1月28日(日)の夜から雪が降り続いた。29日(月)0:00に今季初の1m超えの積雪110cmを記録。道内173観測地点のうち、小樽は21番目の積雪となった。市民は早朝から雪かきに追われていた。

 19:00までの24時間の降雪量は、小樽では14cmだったが、ドカ雪経験があまりない苫小牧市では、34cmの降雪に見舞われ、道内で一番を記録した。あまり雪かきに慣れていない苫小牧市民には、大変な週明けとなった。

 市内ではここ数日、寒波と降雪が続き、28日(日)10:00に96cmだった積雪が、21:00に100cm、その後も雪が深々と降り、29日(月)0:00に110cmの最深積雪を記録。19:00現在では105cm。

 2017(平成29)年の100cmを超える積雪は、2月25日に102cmを記録し、26日に最深積雪の103cm。昨年の同日1月29日は82cmで、20cmも少なかった。

 札幌管区気象台は、引き続き、30日(火)にかけて、ふぶきや吹きだまりによる交通障害に注意を呼び掛けている。

 警報・注意報

 24時間降雪量多いほうから

 関連記事
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


火災防御訓練!ラポールなんたる

元気な小樽に乾杯!ワインカーニバル復活版

元気な小樽をアピール!国内外へ発信

「小樽写真散歩」《定山渓と恵庭渓谷紅葉狩り》

アザラシの引越し!おたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈