小樽商大本気プロ2017夏 最終成果発表会 (2018/01/17)

 小樽商科大学(緑3)の正規課目で大津晶准教授が担当する社会連携実践プロジェクト「商大生が小樽の活性化を本気で考える(通称:本気プロ)」の、2017年夏(7〜12月)の最終成果発表会が、1月20日(土)13:00から17:00まで小樽市観光物産プラザ(色内2)3番庫ギャラリーで開催される。今後の本気プロの発展を目指し、多くの市民の参加を呼び掛けている。

 第1部の基調講演は、「地域連携教育に期待される効果」と題し、福知山公立大学の地域経営学部准教授の杉岡秀紀氏を講師に迎え、同大学をはじめ全国での事例を紹介。

 第2部は、2017夏の履修生6チーム・25人による最終成果発表会。

 1.銭函に住んでみた(仮)
 2.夜の小樽の魅力度向上
 3.スポーツを通じた子どもの体力向上
 4.市立小樽図書館と連携したコンテンツツーリズムの推進
 5.ソーシャルメディアを活用した地域の情報発信
 6.後志の誘客促進

 第3部はワークショップ「これからの本気プロについて」を行い、本気プロを支えるプロジェクトディレクター5名や関係者、来場者が5つのグループに分かれて話し合う。

 すでに次回の本気プロ2018冬がスタート。当日は新プロジェクトチームも紹介する予定。

 問合せ:0134-27-5479(平日9:00〜17:00)・maji@office.otaru-uc.ac.jp
 小樽商科大学グローカル戦略推進センター(大津・小山田・永峰)

 関連記事

0120majipro.jpg
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎記事で見る森井市政の3年間!末期症状の森井市政


アザラシ・ペンギンに続きトドも出産 水族館

小学生が屋形船で小樽の歴史を学ぶ!
r

3,507人が力走!30回記念運河ロードレース

おたる運河ロードレース前夜祭

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈