保護司の渡邉・北島さん 藍綬褒章受賞 (2017/11/20)

 小樽地区保護司会(馬場孝治会長・76名)の保護司・渡邉洋子さん(76)と北嶋恭子さん(76)は、平成28(2016)年秋と平成29(2017)年春に藍綬褒章を受章。11月20日(月)に市長表敬訪問が実施された。

hogoshikunsyo.jpg 藍綬褒章は、長年の努力により、公衆の利益に貢献した者に授与される名誉ある賞で、2人は、罪を犯した人達の更生保護に尽力してきた。

 保護司は、保護司法・更生保護法に基づき、法務大臣から委嘱を受けた非常勤の一般職国家公務員で、犯罪や非行をした人の更生が任務。

 渡邉さんは、保護司になって27年、北嶋さんは25年と共にベテラン。数々の受賞経験を持ち、平成30(2018)年5月30日に揃って定年を迎える。

 市長は、「苦労を積み重ね、ありがたく、またおめでたいこと。これからも引き続き、活躍してもらいたい」と栄誉を称えた。

 渡邉さんは、研修部長の経験があり、「ぐっと引き締まる思い。名誉なことです」と喜び、「受け持った子どもが、1年に1度会いに来てくれることがとても嬉しい」と話した。

 北嶋さんは、研修部長や監事、副会長を歴任。「昔は携帯電話や家の電話もなく、連絡を取るのが大変だった」と苦労話を述べ、「思いかけないことで、良い思い出になった」と受賞を喜んでいた。

 関連記事
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


“オタルヨルキャンドル”小樽商大本気プロ

願掛け焼きそば! 住吉神社で祈祷式

杜のつどいでヴィオラ演奏会 会員ら75名を魅了

新成人1,042人!晴れやかにスタート

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈