"ジゼル"で魅了! 直江博子創作バレエ研究所60周年 (2017/10/28)

naoeballet1.jpg 直江博子創作バレエ研究所(上野亜希子代表)は、創立60周年記念第30回発表会を、10月28日(土)18:00から、小樽市民会館(花園2)大ホールで開いた。客席はほぼ埋め尽くされ、2時間ほどの公演に、観客は時間を忘れて見入っていた。

 記念発表会に相応しい演目として、アドルフ・アダンの名曲によるロマンティックバレエの最高傑作「ジゼル」全2幕を披露。ジゼル全幕は8年ぶりとなる。

 恋人の裏切りを知り精霊となっても恋人を愛し続ける少女・ジゼル役に、小樽潮陵高校2年の山内茉莉華さんが、恋人役のアルブレヒトには、清水健太さんが演じ、繊細でドラマティックな演技に観衆を魅了した。

naoeballet2.jpg 同研究所の生徒と東京・札幌から8名のゲストダンサーを含め約50名が出演し、ステージを華やかにした。

 全2幕を終えたカーテンコールでは、出演者に加え、演出・振付を担当した上野代表も登壇し、観客に挨拶。拍手の渦が沸き起こった。

 同研究所は、1957(昭和32)年に直江博子氏が創設。現在は、娘の上野さんが代表を務め、生徒を指導。また、小樽市文化団体協議会常任理事となり、小樽の文化芸術振興に取り組んでいる。日頃の練習の成果を発表するために、バレエ発表会とバレエコンサートを交互に開催している。

 山内さんのクラスメイト・葛西真穂さん(17)は、「山内さんは、今日のために頑張って緊張していたので、お疲れ様と言ってあげたい。元気でスポーツもでき、みんなにフレンドリーな人。踊る姿は普段と全然違っていて、驚き感動した。バレエを観たのは初めてで、また観てみたい」と話した。

 関連記事

1028naoeballet.jpg

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈