鉢の中に大自然!文化祭の盆栽展 (2017/10/21)

bonsaiten.jpg 小樽市文化祭の盆栽展が10月19日(木)から22日(日)まで、市立小樽美術館(色内1)1階多目的ギャラリーで開催されており、小樽盆栽会会員22名による作品が展示されている。

 盆栽は平安時代に始まり、江戸時代には一般の庶民にも広がり、全国で楽しまれるようになったと言われているが、近年は、海外でも大変人気となっている。会場には台湾や中国の観光客も訪れ、熱心に鑑賞する姿が見られた。

 市長賞を受賞した星野健一さんは、盆栽を始めて2年。以前は園芸を楽しんでいたが、「盆栽は奥が深く、何よりもセンスが求められる」と話す。
hosino.jpg
 市長賞の作品は、四国の黒松で樹齢80年。指導を受けながら、浅い鉢に植え替えをするために思い切って根を短く切り、根張りが強調されるように木の姿を整えた。

 ミニ盆栽を出品した小坂美智恵さんは、盆栽歴10年になる。病気を患い、たまたま見たミニ盆栽から気をもらい元気になれた経験から、最初は鑑賞だけだったが、自らも盆栽を作るようになった。

 出品したのは黒松を主木とした7点飾り。特に旭岳の金庫岩をイメージして自作した陶器に土を詰めて作り上げた1点は、小さいながらも雄大な風景を感じることができる自慢の作品だ。
kosaka.jpg
 盆栽は色々な方法を使って、自分がイメージする姿に作り変えていくことに大きな醍醐味があり、今回、落葉松の作品を出品した柴田誠治さんは、「同じ木でも、作り手によって全く違った姿になる」と話してくれた。

 小樽盆栽会では、4月から10月まで毎月1回、長橋の苗穂公園に集って講習会を開き、技術や知識の向上を目指して学んでおり、現在、2018(平成30)年度の新会員を募集している。

 入会に関する問い合わせ:080-1971-3933 同会事務局

 盆栽展10月19日(木)~10月22日(日)10:00~15:00
 市立小樽美術館(色内1)1階多目的ギャラリー

 関連記事
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈