市民の集い!10/11 安全・安心なまちづくりの日 (2017/10/11)


 全国地域安全運動期間(10月11日~20日)が、人と地域と社会の絆を強めることを目的に始まった。初日10月11日(水)は、安全・安心なまちづくりの日。

 16:30からウイングベイ小樽(築港11)5番街ネイチャーチャンバーで、「安全・安心なまちづくりの日市民の集い」が、安全・安心なまちづくりの気運を高め、市民の意識と理解を深めようと開かれた。

bouhan1.jpg 小樽市防犯協会連合会(五宮一治会長)と小樽警察署(山口広行署長)が主催。小樽警察署少年補導員連絡協議会、おたる自主防犯ボランティア団体、市内各町会等の約60名が参加し、小学生4名による可愛らしい1日警察署長に注目が集まった。

 五宮会長は、「防犯を抑止し、地域社会の安心感を築く鍵は、住民自身の防犯活動にある。本日のイベントは、自らの町を自らが守るという意識を高めてもらいたい」と呼び掛けた。

 山口署長は、「窃盗・暴行等で警察への届け出件数(2017年9月末現在)は、昨年と比べ89件減の384件。女性に対する痴漢、いたずらの事案も多数発生している。振り込め詐欺については3件発生し、被害合計金額は1,100万円。息子や孫になりすまし金を要求する。現在、全道に特殊詐欺警報発令される非常事態。交通事故での死亡事故は、昨年同時期より1件多い4件。ケガ人を伴う事故は178件と、前年より17件多い」と、一層の協力を求めた。

bouhan2.jpg 森井市長は、「市民や観光客には、今一度、犯罪や交通事故などを未然防止に関心を持ち、事件事故に遇わないことはもちろん、そのようなことを起こすことなく、家族揃って明るい生活をおくるために、注意するよう声を大にして呼び掛けたい」と述べた。

 おたる自主防犯ボランティア団体連絡協議会・前田俊明会長は、「自然が共生するまち小樽。小樽に生きる住民の1人として、自らがこのまちの治安を守るという誇りを持ち、安全で安心なまちづくりに向け、防犯活動を実施する」と宣言。

 引き続き、1日警察署長に委嘱された緑小学校1年生男女4名は、「お金をだまし取ろうとする詐欺の電話に気をつけてください」、「知らない人について行かない」、「みんなが笑顔で暮らせる小樽を作るために、みんなの力を合わせましょう」と元気に地域安全宣言した。

 その後、小樽出身で地元で活動するマジッシャン・たっちによる華麗なマジックを披露し、来場者を楽しませた。

 閉会後、1日警察署長らは、振り込め詐欺を防止する啓発物100部を配布する街頭啓発活動を行った。藤川侑真君(6)は、「緊張したけど、上手くできた」と話した。

 関連記事1 関連記事2
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


冬も楽しい水族館!冬期営業開始

小樽笑店・たるわランド!手作りゲームに笑顔

年賀状受付開始!運がっぱと園児達が投函

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈