北運河ルネサンス2017!9/2・3運河が七色に輝く (2017/08/28)

 一般社団法人小樽青年会議所(杉本憲昭理事長)は、北運河が幻想的な光景に包まれる「北運河ルネサンス2017」を、9月2日(土)・3日(日)13:00から21:00まで開催する。同所メンバー50名が総動員でイベントを盛り上げる。

 同事業は、2015(平成27)年に初開催され、イルミネーションバルーンが七色に変わる幻想的な光景に包まれ、印象に残っている人も多い。2回目となる今回は、ニトリ北海道応援基金と公益財団法人似鳥文化財団からの助成を受けた。

otarujc.jpg 北運河は、当初の幅40mのまま現存し昔の面影を保ち、歴史的建造物も多いことから、「未来に遺したい小樽の魅力を伝えたい」をコンセプトに、イルミネーションバルーン320個を設置。

 小樽遺産ツアーや小樽遺産ウルトラクイズ、市職員による日本遺産登録に向けてのPR、菁園中学校吹奏楽部による演奏会・ジャズコンサート・ビアーガーデン・ビンゴ大会を企画した。

 また、小樽の高校生以上30歳までの若者に、まちづくりを教えようと取り組んでいる。今年3月から同事業に参加させたいと考え、現在5名の若者に研修を重ねてきた。小樽遺産ツアーのガイド役を務めたり、オリジナル商品を開発し「ルネサンスブース」で販売する予定だ。

 320個のイルミネーションバルーンは、風船の中に七色に変わるLEDライトを入れ、北運河を囲むように全長400mに設置し、運河公園内の噴水などにも飾り、幻想的な空間を創出する。

kitaungarena1.jpg 点灯式は17:00~17:10に実施し、ジャズの音楽と灯の共演を堪能。また、ビアガーデンも開店し、飲食も楽しめる。

 両日14:00にスタートする小樽遺産ツアーは、参加希望者を13:30から受付を開始し15:00まで。14:30と15:00の3班に分かれて出発。ガイドとともに、北運河公園から、旧日本郵船株式会社小樽支店・旧増田倉庫・旧広海倉庫・旧右近倉庫などを散策し、旧国鉄手宮線でトロッコに乗車し、石炭を運ぶ機関士気分を体験。小樽の版画家一原有徳の作品の作り方を再現する鉄の版画体験では、炭で熱した鉄製の焼印を燃えにくい紙に押した記念品も製作する。

 同ツアー参加者は無料で、それ以外の来場者には100円でトロッコに乗車でき、トロッコの売上金は、北海道鉄道文化保存会へ寄贈する予定。

 同所メンバーは、「運河の魅力、北運河を皆さんに知ってもらいたい」と、多くの市民に参加を呼び掛けている。

 詳しくは、小樽青年会議所「北運河ルネサンス2017」特設ページ

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈