小樽日本画協会展!水墨画・日本画22点 (2017/08/09)

 小樽日本画協会展(上田入子代表)が、8月9日(水)から13日(日)まで、市立小樽美術館(色内1)1階市民ギャラリー1で開催中だ。39回目の今回は、会員9名による水墨画15点と日本画7点の計22点を展示している。

nihongaten1.jpg 市内で年一度定期的に日本画の作品展を発表しているのは、同協会展だけとなり、
市民が日本古来の伝統的表現や様式に基づく絵画・日本画に触れる貴重な機会となっている。

 会員の一島喜明氏は、生涯学習プラザで水墨画を指導し、その生徒3名も出展。代表の上田氏は、自宅の押入れの襖に、裏山の雪解け時期の風景を描いた大作を発表した。

 襖の紙をはがし、日本画用の雲肌麻紙を貼って、金箔を一面に貼り、濃いめの膠を全面に2度塗りして下地を作ってから絵を描き始めた。アカゲラがアクセントになっている。

 また、赤井川の牧場で羊の仔が生まれ、その時に見た仔羊の優しい表情を日本画で描いた。まつげや毛並みを細かく丁寧に描き印象深い作品。

nihongaten2.jpg 工藤葉子さんは、水墨画で「harbor」と「蒲」、日本画で「青いパパイヤ」を、千葉晃世さんは、「赤いぼたん」や「花」、線にスピード感がある「菩薩」の日本画3点を発表。

 粒状や液体の膠、岩絵具や筆などの日本画独特の道具を展示し、来場者の興味をそそった。

 上田代表は、「それぞれの個性が反映された作品展。日本画人口が増えず、興味のある方は連絡を」とPRした。

 第39回小樽日本画協会展 8月9日(水)〜8月13日(日)10:00〜17:00(最終日16:30)
 市立小樽美術館(色内1)1階市民ギャラリー1 入場無料

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


第11回銀マロジョイントコンサート

小樽でちびっこフェスティバル!

2018年の年賀葉書到着!小樽郵便局に163万枚

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈