災害時に柔道整復師が協力!市と協定締結 (2017/08/02)

 小樽市は、公益社団法人北海道柔道整復師会小樽ブロック(小川哲司会長)と、災害時に救護活動を相互に協力する協定を結んだ。

 その締結式が、8月2日(水)13:00から市役所(花園2)2階市長応接室で開かれた。小川会長をはじめ、鶴田浩久副会長・佐藤大一副会長・塩見猛総務部長・打越潤総務副部長、市側は、森井秀明市長・大塚雅彦保健所次長・庄司孝行総務部災害対策室長・長田克久保健所保健総務課が出席した。

0802judo.jpg 市において災害が発生した場合、被災により負傷した人に対して、救護活動の体制強化を図り、災害時に応急手当などができる柔道整復師の救護活動に必要な協定を締結した。

 森井市長は、「大変心強く感じている。災害時において、市民は混乱したりパニックに陥ったりと不安が生じる中で、皆さんのような専門的な方が救護班等に入ることで、安定的に改善を図り、市民に安心感を与える非常に大きな協定だと思う」と締結に期待を寄せた。

 小川会長は、「協定を結べることは有意義なことで感謝する。今後、市から要請があれば速やかに対応し、迅速に行動できるよう組織として訓練を重ね、また、個人では、災害について勉強し、我々の持っている技術をスキルアップさせたいと思う。災害時には、現場や避難所へ我々の技術で、被災者の皆さんに貢献できるよう頑張りたい」と挨拶した。

 同市との防災関連についての協定は、今回で48件目となる。

 北海道柔道整復師会は、全道11ブロックに分かれ、今回7つ目の締結を結んだ。小樽ブロックは、後志管内を管轄し54会員を擁し、そのうち、34会員が小樽市内で開業している。

 これまで、9月1日の防災の日の市の総合防災訓練に参加したり、全道単位や各ブロックごとに、災害対応訓練を実施し、ファクスやメールでの連絡ツールも完成させ、災害時の体制強化に努めている。

 小樽ブロックインフォメーション

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


戦火に散った347名 緑丘戦没者慰霊祭

盆の夜空に追悼花火!高島漁港花火大会

たるわランド2017夏 商大・小樽笑店

科学の祭典! 実験や工作ブースを楽しむ会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈