市内は32℃うだる暑さ!今季初の真夏日到来 (2017/07/13)

0713weahter3.jpg 北海道に暖かい空気が流れ込んだ影響で、道内各地で厳しい暑さとなった7月13日(木)、標高25m地点にある札幌気象台の小樽特別地域自動観測所(勝納)では、今季一番の暑さとなり、12:02に30.1℃を公式に観測。初の真夏日となった。

 前日の12日(水)の11:45に29.4℃が最高だったが、前日を上回る暑さとなった。昨年の夏、最初に真夏日となったのは8月7日だった。今年はそれより25日も早い。

 道内で一番の暑さとなったのは、本別町(十勝地方)の35.8℃。35℃以上の猛暑日となったのは、173の観測地点のうち8地点。真夏日は108地点、夏日は155地点と、広い範囲でうだる暑さとなった。0713weahter1.jpg

 小樽の自動気象観測所では30.1℃だったが、市内の各所の温度計は、小樽運河31.7℃、サンモール商店街は32℃を表示していた。小樽運河の外国人観光客は、「アツイ、アツイ」と、汗を拭きながら記念撮影をしていた。陽射しを避ける日傘の花が咲いていた。

 高温注意情報(最高気温35℃以上が予想される)も出され、熱中症への注意を呼び掛けた。

0713weahter2.jpg 小樽市保健所では、13日(木)10:00から18日(火)10:00まで、第3号の食中毒警報を発令した。

 発令の理由は、①最高気温が28℃以上が予想され、②前2日間のそれぞれの日最低気温が20℃以上で、かつ湿度が85%以上の場合、③前2日間のそれぞれの日平均気温が23℃以上で、かつ湿度が85%以上の場合に該当。手洗いや食品の取り扱いなどの注意を呼び掛けた。

 明日14日(金)も高気圧が張り出した厳しい暑さが予想され、こまめに水分補給をして熱中症への注意を呼び掛けている。

 関連記事1 関連記事2

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


第11回銀マロジョイントコンサート

小樽でちびっこフェスティバル!

2018年の年賀葉書到着!小樽郵便局に163万枚

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈