小樽の湿度100%に! 濃霧に隠れる天狗山 (2017/06/25)

 6月最終の週末となった24(土)・25(日)の小樽市は、低気圧の影響で大気の状態が不安定になり、厚い雲に覆われ、断続的に強い雨が降るなど、一日中雨降りに見舞われた。

 このため、週末の野外イベントなども雨にたたられ、出足をくじかれるなど、大きな影響を受けた。

0625weather1.jpg 厚い雲の下、濃霧が街を覆い、小樽のシンボル"天狗山"や周囲の山々は、一日中濃霧で姿を隠していた。曇天の雨模様の中、湿度が上がり、24日・25日とも、札幌気象台の観測で、小樽はなんと湿度100%を記録した。アメダス小樽6/25

 「湿度とは、普通は相対湿度のこと。相対湿度は水蒸気量とその時の気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの」(気象台用語解説)。

 湿度100%とは、水中ではないのか?などとネット上を賑わしているが、小樽の6月24日は4時間。25日は12時間に及び、湿度100%を記録した。

0625weather2.jpg 「空気中の水分は水滴(液体)として存在しているのではなく、水蒸気(水が蒸発して気体になったもの)として存在していますので、目には見えません。湿度100%となると、もうこれ以上空気中に水蒸気は含めません(飽和空気)という状態です」(加湿net)。

 湿度100%となった小樽は、水蒸気が飽和状態となったことで、濃霧に見舞われ、終日、天狗山など周辺の山々が、深い霧に姿を隠していた。

 札幌管区気象台の平成29年6月25日16時31分発表の天気概要は、「石狩・空知・後志地方では、引き続き26日昼前まで濃い霧による交通障害に注意してください。北海道地方は、26日朝にかけて低気圧を含む気圧の谷の中で、大気の状態が不安定でしょう。その後は、次第に日本海に中心を持つ高気圧の張り出しの中となる見込みです。

 石狩・空知・後志地方の25日15時の天気は、雨または曇りとなっています。25日夜は、曇りで、夜のはじめ頃まで雨の降る所があるでしょう。26日は、曇り時々晴れの見込みです。海の波の高さは、25日夜は1.5メートルのち2メートルとやや高いでしょう。26日は1.5メートルのち1メートルとやや高い見込みです。」

 札幌気象台 加湿.net〜相対湿度と絶対湿度 秒刊SUNDAY

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


雪かき選手権2連覇!"えちごまさ雪"優勝

雪遊びに笑顔!手宮中央小PTA雪まつり

2018.02.14小樽市長定例記者会見

小樽雪あかりの路 伊藤整ゆかり"ゴロダの丘"

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈