「花想うとき」!石郷岡祥子写真展 (2017/06/21)

 小樽市内在住の写真愛好家・石郷岡祥子さんの個展「花想うとき」が、6月21日(水)~25日(日)、市立小樽美術館(色内1)1階市民ギャラリー1で開かれ、肉眼とは違った魅力溢れる花の世界を発表している。

hanaomou1.jpg 一昨年に初個展後、2回目となる今回は、野の花5点を含む約50点を展示。試行錯誤して、自身で色鮮やかにA4サイズにプリントしている。

 写真歴17年。2年ほど前から、帯広在住の浅井美紀さんの写真集「幸せのしずく」に魅了され、水滴写真の挑戦が始まった。

 自宅庭の花々に水滴を垂らしたり、時には、コーヒーを温め直した時にできたラップの水滴からヒントを得たり、日常の出来事を作品作りに活かし、印象深い作品が並んでいる。

 水滴の中に映し込む花は、ガーベラ・ペチニア・クレマチスなどが多く使われているが、好奇心旺盛な石郷岡さんは、様々な花を題材に挑戦が続く。時には、庭先のツララも水滴写真に活かされ、見事な作品「花つらら」が生まれた。

hanaomou2.jpg 1個の水滴から、時には数個の水滴だったり、水滴写真に終わりはない。以前から花が好きで、バックを暈したりマクロの世界は、思いもつかない出会いがあるという。

 水滴写真以外にも、静かに佇むキキョウや、ボール大の花のアリウム・ギガンチュウムは可憐な花に見せ、見過ごしてしまっているハコベも、石郷岡さんの花を想う業で、どの花よりも魅力的に写し出され、主役を飾っている。

 初日から、花好きな市民が足を運び、改めて感じる花の魅力に足を止めて見入っていた。

 石郷岡さんは、「これまでの花写真とは違った、面白さに触れた作品を観ていただきたい」と話した。

 第2回写真展「花想うとき」 6月21日(水)~25日(日)10:00~17:00(最終日16:00)
 市立小樽美術館(色内1)1階市民ギャラリー1・入場無料

 関連記事1 関連記事2

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


小樽金融資料館特別展開催

小樽に雪がやって来た!

1日限りの小樽しゃこ祭!大ぶり秋しゃこ堪能

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈