中学校のグランド整備で社会貢献事業! (2017/05/25)

groundseibi1.jpg 秋津道路株式会社道南営業所(築港8・仲野内弘満所長)は、社会貢献事業の一環として、5月25日(木)8:30から12:00頃まで、小樽市立長橋中学校(本田亨校長)のグランド整備を実施した。

 舗装工事全般を行う同社は、地域ボランティアで市内小中学校のグランドの整備を2005(平成17)年から始めた。今年で13回目となり、同校は2度目となる。

 仲野内所長と作業員4名が作業にあたり、モーターグレーダー・タイヤローラー・ショベルカーの重機3台とトラックの作業車1台を使用した。

 グランドでは、野球・サッカー・陸上部が使用。外周を走りやすくするために、雑草を取り除き、50mコースやグランド全体を整地した。

groundseibi2.jpg モーターグレーダーで地面をならし、タイヤローラーで転圧(繰り返し圧縮)。板を引いたショベルカーで不陸(でこぼこ)を直した。

 土埃を上げながら、重機がエンジン音を響かせて、グランドを行ったり来たりして作業が続けられた。

 仲野内所長は、「運動部にも力を入れている学校なので、グランドを思う存分走り、怪我をしないように整備に努めたい」と話した。

 学校関係者は、「生徒だけではなく、地域の野球チームや消防団が使用することもある。グランドが綺麗に整備され、皆さん感謝している」と話した。

 同社は、毎年6月開催のおたる運河マラソン開始前に、マラソンコースの小樽港沿い小樽港縦貫線ののり面の草取りを実施し、ランナーに気持ち良く走ってもらおうと地域ボランティアを行っている。

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


大型台風18号北海道縦断〜小樽

書道パフォーマンス!アートストリート

秋のイベント盛り沢山! おたる水族館

クルーズ船の税関検査公開!小樽税関支署

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈