"みどりの日" 賑わう手宮緑化園 (2017/05/04)

0504ryokukaen1.jpg 5月4日は、国民の祝日「みどりの日」。「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを趣旨としている。小樽市内の桜も見頃を迎え、12:04に24.3℃を記録し、汗ばむほどの陽気となった。

 市内手宮に位置する手宮緑化公園では、桜が見頃を迎え、朝から駐車場の満車が続き、多くの家族連れが来園し花見を楽しんだ。

 緑の相談所の専門指導員・飯田守さんは、現在、ソメイヨシノは5分咲き、当初の予想よりも数日ずれこんだと話す。

0504ryokukaen2.jpg エゾヤマザクラはほぼ満開で、桜の木の下やハウチワカエデの下、芝生には、弁当を広げる家族連れで賑わった。

 ソメイヨシノとエゾヤマザクラが交互に植樹している桜並木は、5分咲き。その下の桜並木も2~3分咲きだという。

 5月に入ってから3日まで7,700人が来園。4日は、12:30までで3,000人が訪れている。
例年5日がピークとなり、駐車場の混雑が予想される。

 飯田さんは、「気温も上昇し、桜の満開も近い」と話す。

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈