老壮大学の集大成 どんぐり会水彩画展 (2017/04/07)

donguri1.jpg 小樽市老壮大学・絵画科で学ぶ60歳から80歳後半までの34名の1年間の集大成を発表する
「第40回どんぐり会 水彩画展」が、4月5日(水)から9日(日)まで、市立小樽美術館(色内2)多目的ギャラリーと市民ギャラリー1で開かれている。

 老壮大学で絵画を学ぶ、日赤センター会場の絵画科1(小林達夫講師)と福祉センター会場の水彩画科2(藤田勇一講師)の受講生が、教室での静物画や写生先での思い出の作品など、力作75点を持ち寄り発表した。

 賛助作品として、昨年亡くなった藤田講師が得意とする海や岬の風景画4点と静物画1点の遺作を展示し、藤田氏を偲んだ。

donguri3.jpg また、小林講師も積丹岳や黒岳の風景画、ダリヤや菊の花の作品5点を展示し、絵画展に華を添えている。

 どんぐり会代表の千葉美恵子さんは、絵画を学び始めて4年。今回初めて代表を務めた。作品は、弘前や仙台など東北の行燈の実物を見て、細かい部分までしっかりと描いた作品と、教室で描いた水差しの作品を出展。

 受講生の1人は、「5月末から10月上旬頃までは、天狗山や運河、余市の海岸などへ写生に出かけた。水彩画科2では、11月から講師不在の中、藤田氏の教えを思い出しながら作品づくりに励んだ」と藤田氏を懐かしんだ。

 最年長の90歳に近い男性は、教室にも週2回通い、当番も務める。ピエロの仲間たちと野菜を描いた2点を出展。細かい部分を良く見て描き、楽しみながら作品づくりをしている様子が作品からも感じられる。
donguri2.jpg
 入学1年目の人や何年も続けている人など、受講生は様々だが、和気藹々と楽しく絵を描いている。

 千葉代表は、「上手下手に関係なく、楽しみながら絵を描き心のよりどころとし、1年に1度の作品展に出展するという目標を持って制作に励んでいる。絵を始めて、花びらをじっくり見たり観察力が付いた。この機会にみなさんに見ていただきたい」とPRした。

 4月6日(木)に老壮大学入学式を実施し、今年度の水彩画科2は、藤田講師に代わり、三留市子氏が講師を務める。

 第40回どんぐり会水彩画展 4月5日(水)~9日(日)10:00~17:00(最終日16:00)
 市立小樽美術館(色内2)1階多目的・市民1ギャラリー 入場無料

 小樽市老壮大学 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


大型台風18号北海道縦断〜小樽

書道パフォーマンス!アートストリート

秋のイベント盛り沢山! おたる水族館

クルーズ船の税関検査公開!小樽税関支署

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈