世界のリズムを学ぶ ダンスうんどう塾 (2017/03/29)


 未来のアスリートを育成する、ダンスうんどう塾(小林英夫塾長)は、身体動作を強化する春期強化合宿を、3月29日(水)から31日(金)までの3日間、小樽市観光物産プラザ(色内2)3番庫ギャラリーで実施している。

 学校の長期休暇に合わせ、春・夏・冬の年3回、ダンススポーツの競技における音楽と技術向上を目指し、アスリートとしての自覚を促し、人格形成と心身の成長発達を図ることを目的に実施している。

danceundou1.jpg 朝8:00から夜9:00まで6時限のレッスンを受け、ダンス漬けの3日間となる合宿の課題は、アメリカン・リズム&スムースの習得と、4月2日(日)札幌で「JDSF北海道ダンススポーツ選手権」に、合宿参加者同士でカップルを組み出場の新たな挑戦を試みること。1日(土)は、そのための特別練習会を予定している。

 講師は、2014年春合宿から4年目となるアメリカ・カリフォルニア州サンディエゴからアメリカンスムースリズムのファイナリストのマーカス・ジョンソン選手(41)を迎え、本場のダンスを伝授する。

danceundou2.jpg 同氏は、21歳でプロとなり、コーチやデモンストレーション(実技指導)を行う指導者として活躍している。本場のアメリカンリズムやスムースの習得に重点を置き、世界の様々なリズムを指導した。

 練習会場は、小学生から指導者までの12名が参加し、フレッシュな顔ぶれの中、真剣な表情でレッスンに汗を流した。

 競技スタイル学習のために、アメリカのダンス文化を基本から学び、マーカス・ジョンソン選手が手本を見せながら細かく指導。本場アメリカのダンスを間近で見て指導を受け、有意義な時間を過ごしていた。

danceundou3.jpg ダンス界の聖地と呼ばれる、5月25日開催のブラックプールダンスフェスティバル(イギリス)で、これまでのインターナショナル(ラテンとスタンダード)10種目に加え、アメリカンスタイル(スムースとリズム)が、正式種目に加わった。ダンスうんどう塾からは名古屋支部の1組の選手が出場する予定。

 この件について、マーカス・ジョンソン選手は、「アメリカの人もとても喜び、興奮している。世界の人がアメリカンスムースを見る機会が増える。今後、日本から出場できる選手を指導したい。これまで、合宿で見てきたが、年々上手くなってきている」と成長を見守った。

 小林代表は、「ブラックプールでアメリカンスムースが正式種目となり、方向性は間違っていなかった。世界が認めた大会となる。今回の合宿は、進学等で欠席が多いが、今後、引き継ぐ子ども達が練習する機会となれば」と話した。

 ブラックプールにアメリカンスムース登場! 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


水産高校実習船帰港!マグロ水揚げ

初滑り賑わう!天狗山スキー場オープン

スキーシーズン到来!天狗山で安全祈願祭

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈