楽画会(らくがきかい)展! 樽工美術部OBと現役部員 (2017/03/01)

 小樽工業高校美術部OBと現役部員によるグループ展"楽画会(らくがきかい)展"が、3月1日(水)から5日(日)まで、市立小樽美術館(色内1)1階市民ギャラリー1で開かれている。

 1979年~2016年卒業のOB12名とその子ども、1年から3年の現役部員9名の、油彩・水彩・イラスト・色鉛筆画・切り絵・デザインなど、幅広いジャンルの32点を展示している。

rakugakikai.jpg 毎年この時期に開かれ、今年で15回目を迎え、OBと現役部員との交流を図っている。

 本間未悠さん(1年)は、小樽駅から見た風景を水彩で描き、「初めての出展で、色々な作品を観て反省し、今後の参考にしたい」と話した。

 田中雄樹君(1年)は、虎のイラストを出展し、「他の人の作品と比べて、ちょっと恥ずかしく感じた。レベルアップしたい」と話した。

 坂本奈々美さん(1年)は、色々な花を水彩で描き、「影のつけ方や重なり方の表現が難しかった。絵を描くことが好きで、今後、切り絵に挑戦したい。先輩の作品を参考にし、もっと上手く描けるようになれればと思う」と話した。

 このほか、現役学生の作品は、鋭い猫の目線を強調した作品や夕焼けの風景画、OBは、様々なジャンルに挑戦し、長年描き込まれた貫禄をのぞかせた作品が目立った。

 「色々なジャンルの作品があり、この機会に観てもらいたい。私達1年生の作品とOBの作品を比較してもらいたい。在校生が今後、OBに負けないくらいの成長ぶりも見守ってもらいたい」と話した。

 第15回楽画会展 3月1日(水)~5日(日)9:30〜17:00(最終日15:00)
 市立小樽美術館(色内1)1階市民ギャラリー1 入場無料

 楽画会展 関連記事1 関連記事2

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


絵本"どこいくの?"完成!図書館でお披露目会

5ヶ月ぶりの勇姿 アイアンホース号運行始まる

GW桜見頃!4/29オープン 手宮緑化植物園

最高気温21℃ 小樽で桜咲き始める

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈