小樽マイナス13℃!今季一番の冷え込み (2017/01/24)

0124weather1.jpg 北海道各地で厳しい寒さに見舞われた1月24日(火)、小樽市内でも、早朝の5:18に今シーズン一番の−13℃を記録した。

 道内の一番寒いところで、上川管内占冠村では−32.8℃を記録。放射冷却現象の影響で、道内173観測地点のうち、今シーズン最低気温となったのは82地点。

 小樽運河では、外国人観光客を乗せたバスが到着し、厳しい寒さの中でも雪を楽しんでいた。寒さと潮の満ち引きにより、運河はうっすらと氷に包まれたが、氷紋や蓮葉氷を見ることはできなかった。
0124weather2.jpg
 現在、市内の積雪は、道内14番目となる94cm。一番多いところで朱鞠内の155cm、後志地方の赤井川も道内3番目の134cmの積雪となっている。

 札幌管区気象台は、後志地方は25日まで大雪の注意、小樽は、25日までなだれ、25日朝まで着氷に注意を呼びかけている。この厳しい寒さは次第に緩む見込み。

 北海道の積雪

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


福祉に理解を! ふくしフェス2018 in 小樽

しゃこ汁・茹でしゃこに行列!小樽しゃこ祭

看護の道へ戴帽式!小樽市立高等看護学院

「小樽写真散歩」《紅葉とリス!晩秋の中野植物園》

アンアンホース号冬眠へ! 最終便に142名

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈