変貌するサンモール商店街!今夏11小店舗オープン (2017/01/20)

 小樽の中心商店街のサンモール一番街商店街(稲穂1)は、防雪壁の設置で出来た空きスペースを利用し、平成29年8月オープン予定で、11の小店舗を新に設置することになり、そのための出店意向調査を2月20日(月)まで行っている。

 同商店街は、かって大型ホテルやデパートが並び、市の中心商店街の核を形成していた。13階建ての大型商業ビルは、小樽のランドマークとして機能し、市民から親しまれていた。

 しかし、丸井今井の破綻で、大型ビルは見る影も無くなり、長年、幽霊ビルとなっていた。平成27(2015)年には高齢者住宅や病院が建設され、同商店街振興組合が、商店街に吹き込む雨・雪を防ぐ防雪壁を設置し、その前面が空きスペースとなっていた。

 同商店街には、平成16(2004)年から13店舗でレンガ横丁が設置され、今春には7店舗のレンガ横丁2号館が、現在の向かいのビル1Fにオープンすることになっている。今夏の11の小店舗のオープンで、屋台村が3つ並ぶことになった。

 同商店街振興組合では、出店意向調査を2月20日(月)まで実施し、今後の具体化へ向けて策を練ることにしている。「時代の流れの中で、サンモールに小店舗が次々と設置されることになったが、今後の活性化のために頑張ってもらいたい。標準サイズ2.6坪(間口3,600×奥行2,400×高さ2,700mm)で、11店舗分を用意している。商店街営業時間の10:00から19:00に合わせた物販店などを望んでいるが、飲食店の出店も可能で、その場合は営業時間などをすりあわせていきたい」と話している。


 サンモール一番街商店街出店概要資料

 関連記事1 関連記事2 関連記事3 関連記事4 関連記事5

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


絵本"どこいくの?"完成!図書館でお披露目会

5ヶ月ぶりの勇姿 アイアンホース号運行始まる

GW桜見頃!4/29オープン 手宮緑化植物園

最高気温21℃ 小樽で桜咲き始める

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈