小樽にも本格的な冬到来! 未明から大雪 (2016/12/10)


 発達した冬型の低気圧の影響で、石狩・後志方面を中心に断続的な雪が降り、12月10日(土)、小樽にもこの冬初めて、どか雪に見舞われ、市民は家庭用除雪機を初出動させ、早朝から除雪を強いられた。

1210weater1.jpg 札幌では、この冬初めて積雪50cmを超える雪が積もり(15:00現在で65cm)、小樽でも、9日の20:00頃は6cmの積雪だったが、10日正午に49cmの積雪を記録した。12時間の降雪量では、札幌で39cm、小樽では32cmだった。このどか雪の影響で列車や航空など交通機関に乱れが生じた。

 JR小樽駅では、パンタグラフ(集電装置)に雪が積もった影響で、小樽・札幌・新千歳空港を運行する快速エアポートなど60本の運休をはじめ、一部運行や遅れ、新千歳空港でも欠航、国際スキー場の営業中止など、各地で影響があった。

1210weater2.jpg 現在も、列車に小樽ー札幌間運休や部分運休、遅れがあるが、小樽から長万部間は平常運転している。

 14:00頃、同駅では、札幌方面の運転を見合わせ中で、30分遅れて運転されるアナウンスが入り、急いで改札を通る乗客の姿があった。列車を待つ人は、不安げな表情で駅員に今後の運行状況を尋ね、駅員は対応に追われていた。1210weater3.jpg

 改札を知らせる電光掲示板には、「ご迷惑をおかけしています。只今、設備の調整中です」とテロップが流れ、駅員による「運行する列車は放送にて連絡します」とアナウンスが流れた。

 市内各地で、雪かきをする人が見られ、勝納雪捨て場には、雪を積んだダンプカーが引っ切りなしに往来していた。

 札幌管区気象台によると、石狩・空知・後志地方は、10日夜遅くにかけて吹雪予報で、交通障害、強風、高波、なだれ、着雪、落雷に注意を呼びかけている。

 列車運行情報札幌近郊 ハイウエイ交通情報

 天気予報〜石狩・空知・後志地方

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎8月26日(日)投開票の小樽市長選挙!《関連記事特集》
     ◎記事で見る森井市政の3年間!末期症状の森井市政


小樽市長選!鳴海氏「みんなの共同行動」結成

北運河ルネサンス! 新たな小樽の魅力発見

北照高校野球部応援 100回記念大会

スポーツGOMI拾い in おたる北運河

小樽市長選!鳴海氏「みんなの共同行動」結成

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈