硝子の魅力表現! 第3回小樽硝子アート展2016 (2016/10/27)

 小樽市文化祭の協賛事業「第3回小樽硝子アート展2016」が、11月2日(水)から6日(日)まで、市立小樽美術館(色内1)1階市民ギャラリーで開かれる。市内の工房で活動する硝子作家15名の作品を一堂に展示する。主催は小樽がらす市実行委員会(木村直樹実行委員長)。

 市内には多くの硝子工房が集まり、個性豊かな硝子作家が作る硝子は、全国各地から人気を集めている。

glasartten.jpg この展示会は、店頭に並ぶ器やグラスとは違い、作家の技術や持ち味を引き出し魅せるアートな硝子作品を発表する貴重な機会となっている。

 木村実行委員長は、「市内の沢山の作家が切磋琢磨し、硝子を知ってもらうことを目的に開き、会場にゆったりと配置し、個々に作品展を経験していない人にとっては新たな挑戦となる。作品のクオリティを高めるきっかけになれば」と期待を寄せている。

 硝子界の重鎮、ザ・グラス・スタジオ・イン・オタル(最上2)の淺原千代治氏から、KIM GLASS DESIGN(祝津3)に、今年5月に入社した新人の野崎直人さんまで、キャリアを問わず参加している。野崎さんは、自分ができる表現をと同展に挑戦してる。

 吹きガラス、カット、ダイヤモンドポイントなどの技法を使い、それぞれが取り組んだ新作や、以前制作したお気に入りの作品を出展し、作家同士も、他の作家の作品を楽しみにしているという。

 アトリエ・セツ(長橋4)代表の山田セツさんは、ガラスと鏡に彫った作品をセットで出展。「自分達の表現したガラスを、来館者に楽しんでもらいたい」と話した。

 第3回小樽硝子アート展2016 11月2日(水)〜6日(日)10:00〜17:00(最終日16:00)
 市立小樽美術館(色内1)1階市民ギャラリー 入場無料

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


辞職を否定!市長定例記者会見

テロの脅威に対応!港の保安対策総合訓練

おたる水族館 秋の恒例アザラシの引越し

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈