パフォーマンスに拍手!菁園中定期演奏会 (2016/10/22)




 小樽市立菁園中学校吹奏楽部定期演奏会が、10月22日(土)14:00から、小樽市民会館(花園5)で開かれた。

 軽快な吹奏楽のメロディーや工夫を凝らしたダンス、ゲストとの共演などのパフォーマンスが、観客約600人を楽しませた。

1022seiensuisou1.jpg 今年度は、吹奏楽コンクール札幌地区大会で金賞を受賞。市内中学校の中では、初めて全道大会へ出場を果たし、これまで以上に成長した吹奏楽部の演奏を、顧問・部員一丸となって練習に取り組みその成果を発表した。

 今年で8回目となる同演奏会は、1年から3年までの部員33人が出演。2部構成で全15曲を演奏した。

 1部では、コンクール課題曲のマーチ「ベストフレンド」や、金賞受賞曲の福島弘和作曲「梁塵秘抄~熊野古道の幻想」と思い出深い曲を演奏。元札幌交響楽団のクラリネット奏者村松時雄氏を招き、同部のクラリネットパートの8名とウェーバー作曲「序奏、主題と変奏」をセッションした。クラリネットの軽快な音色や深い音色など様々な表情を奏で、観客を魅了。
1022seiensuisou2.jpg
 休憩を挟み、2部では、制服から同部お馴染みのユニホームピンクのTシャツに着替え、1年生6人が張り切ってダンスを披露した「GUTS」。クラリネットやフルートなどソロ演奏などを盛り込み、終始観客を楽しませ、大きな拍手が贈られていた。

 市内中学3年生女子は、「友達がフルートを演奏しているので聴きに来た。レベルが高いと思った。クラッシックが好きなのでどの曲も楽しんだが、特に、1部の最後の「梁塵秘抄~熊野古道の幻想」の演奏に感動した」と話した。

 同部は、学校での式典や社会を明るくする運動、交通安全セミナーなどの様々なイベントに出演し、会場に華を添え観客に感動を与えている。

 関連記事

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


絵本"どこいくの?"完成!図書館でお披露目会

5ヶ月ぶりの勇姿 アイアンホース号運行始まる

GW桜見頃!4/29オープン 手宮緑化植物園

最高気温21℃ 小樽で桜咲き始める

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈