魅力満載!文学館で「ガロ展」開催中 (2016/09/09)


 市立小樽文学館(色内1・玉川薫館長)では、現在、企画展「編集長・長井勝一没後20年―『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」を、10月23日(日)まで開催中だ。

garo1.jpg 『ガロ』は、1964年から2002年まで刊行されたマンガ雑誌。『カムイ伝』の白土三平や『ねじ式』のつげ義春、『ゲゲゲの鬼太郎』の水木しげるなどの作家が活躍し、日本のマンガ史を大きく変えた雑誌と評価されている。「ガロ」雑誌

 今回は、刊行されたほぼ全ての『ガロ』約250冊や、『ガロ』を生み出す原動力となった「貸本マンガ」も約150冊が展示されており、貴重な原画や原稿なども展示されている。

 また、会場では、雑誌や貸本マンガを実際に手にして読むことができるコーナーも設置し、マンガ好きには時間を忘れさせる仕掛けとなっている。
garo2.jpg
 玉川館長は、「今回の企画展は、質・量ともに大変充実したものになった。ぜひ雑誌の魅力を体感してほしい」と話した。

 9月17日(土)と18日(日)の16:00〜19:00には、『ガロ』に関わった北海道在住のマンガ家 鈴木翁二さんによるギャラリートークと短編映画の上映が行われる。いずれも入館料のみで観覧できる。 鈴木翁二

 小樽でこれだけのコレクションを目にすることは、なかなかできない今回の企画展。『ガロ』を知る人も知らない人も、この機会を逃さないようにしては?

 文学館企画展HP

 市立小樽文学館HP

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


夏を満喫!いかだレース大会

6,000基の灯篭に祈り!おぼん万灯会

みんなで盆踊り!龍宮神社境内で復活

艶やかに高島越後盆踊り!8/18〜20

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈