本日港でオープン!酒場・カフェ・雑貨3つのコンテナ (2016/08/19)


 小樽商工会議所・港湾振興プロジェクト2016社会実験「HATOBA.C.Y(Container Yard)プロジェクト」が、8月19日(金)、小樽港第3号埠頭基部周辺でスタートした。

0819containerfafe1.jpg 新たな賑わいの拠点を作るために、昨年に引き続き、40フィートコンテナのカフェバー「PHANTOM」を設置する他、賑わいをさらに高めるために、12フィートのJRコンテナの立ち飲み「ちまたBAL」、20フィートのコンテナの雑貨展示販売「ハトバGARAGE」の3基が並び、期間限定で営業を開始。

 観光船「あおばと」発着場所側の空き地に設置され、潮の香りが漂い、海を眺められる最高のロケーションの中、おしゃれな空間が誕生した。

 16:00から関係者が集まってオープニングセレモニーが開かれた。

 同プロジェクト・西條文雪委員長は、「小樽は海と切っても切れない関係であり、それを外にアピールしたい。今年は、3つのコンテナで盛り上げ、市民をはじめ観光客にセンスが良く楽しいスペースを利用していただき、小樽港の開発をお手伝いしたい」と述べ、乾杯でオープンを祝った。
0819containerfafe2.jpg

 ちまたBALは、北海道の遺産を周知するために、「小樽の港と防波堤」の写真展を開催。コンテナの壁に、小樽市総合博物館所蔵の写真22枚を引き伸ばし展示した。ドラム缶をテーブルにし、パラソル付きのテーブルと椅子を設置。おしゃれなバーが開店。酒類はスナック付きでリーズナブルに提供。メニューは、中華食堂くろ(色内1)のカレーやサンマ缶などを用意している。

 PHANTOMは、海を見渡せるようにコンテナをセット。小樽商科大学大津ゼミ生の協力で、初日は学生5名で対応した。商大生が考案した生ワインボールや夕焼けをイメージしたトラモントゼリーをメニューに加え、パンケーキやカレーなども取り揃えた。

0819containerfafe3.jpg 同大3年・菊池綾奈さんは、「昨年に引き続き取り組め、小樽の港でカフェができ嬉しい。市民にぜひ来てもらいたい」と話した。

 海を意識したおしゃれな雑貨に出会える 、ハトバGARAGEは、市内色内で雑貨を営むvivre sa vie + mi-yyuと小樽で真鍮の アクセサリーを作るCOAS、新ブランド"UNGA↑(プラス)"。

 UNGA↑(プラス)は、本州と小樽を結び、富と幸福をもたらした北前船を意識して、海運×開運をコンセプトにものづくりを展開。小樽を起点に小樽にちなんだ商品を開発し、小樽・余市在住の作家とのコラボ商品を初お披露目した。

0819containerfafe4.jpg 小樽の老舗和菓子屋つくし牧田の高級和菓子「和三盆」を販売。同店が所有する木型を使って、縁起が良い松竹梅や米俵、帆船を模っている。

 その他、小樽在住のキャンドル工房Jun's Light Candlesとコラボした小樽の海と石畳、町並みを表現したカラーキャンドル、余市を拠点に活動する陶器メーカーJUNIOの北前船をモチーフにしたタンブラー、コーヒーマイスター矢野一夫氏によるケニア産とエチオピア産の豆を使用したフルーティーなアイスティーをイメージした新感覚のアイスコーヒー豆を販売。

 トートバックやガラス製品など商品開発中で、10月5日から10日まで、大丸札幌店7階催事場で開催の「HOKKAIDOいいモノいいコトマルシェ」に出店を予定している。

 港湾振興プロジェクト2016社会実験「HATOBA.C.Yプロジェクト」
 8月19日(金)〜9月11日(日)の金・土・日曜日
 PHANTOM 金・土・日曜日16:00〜22:00
 ハトバGARAGE 金・土・日曜日16:00〜20:00
 チマタBAL 金・土曜日15:00〜20:00

 みなとまち小樽映像プロモーションプロジェクト

 関連記事1 関連記事2 関連記事3 関連記事4

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


戦火に散った347名 緑丘戦没者慰霊祭

盆の夜空に追悼花火!高島漁港花火大会

たるわランド2017夏 商大・小樽笑店

科学の祭典! 実験や工作ブースを楽しむ会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈